HOME > 教員情報 > 三浦 麻子

三浦 麻子 教授

三浦 麻子

社会心理学、情報行動学、インタラクション

私の専門は社会心理学で、もっとも強く関心を抱いているのは、人間同士、あるいは人間と周囲の事物とのインタラクション(相互作用)が、人間行動に及ぼす影響の解明です。特に近年は、PCや携帯電話といったツールを介したインタラクションを題材にして研究しています。対面を含まない、ツールを介したコミュニケーション場面は、われわれにとってごく身近で欠かせないものとなりましたが、その普及の急速さから、人間とツール、あるいはツールを介した人間同士のインタラクションの増加が社会や人間関係にもたらした変化に関する研究や、これからの望ましい方向に関する論考は、社会的要請は高いにも関わらず、やや遅れをとっています。こうした社会的要請に対して、利用者の行動や意識に関する実証的なデータにもとづいた心理学的研究を通じて貢献することを目指しています。

研究・教育に関する情報は以下Webサイトをご覧下さい.

三浦研究室Webサイト研究者データベース

PAGETOP