HOME > 研究室紹介 > 研究室紀要

研究室紀要

紀要『関西学院大学心理科学研究』

本誌は,関西学院大学心理科学研究室の紀要であり,1975 年以来,関西学院大学臨床教育心理学会によって 38 号までの刊行を重ねてきた『臨床教育心理学研究』を発展的に解消し,号数を引き継いで装いも新たに刊行することになったものです。これは,2009 年度から文学部総合心理科学科の教育心理学専修(臨床教育心理学会の母体)と心理学専修が「心理科学専修」として統合し,このたび初めての学部卒業生を送り出すに至ったことに伴う,研究室としての「進化」の一環です。1923 年に創設された旧・心理学研究室と 1948 年に創設された旧・教育心理学研究室,という日本でも有数の長さを誇る研究室の歴史を,心理科学研究室として今後も刻み続けるためのアーカイブとしての役割を果たしています。

掲載論文は,関西学院大学リポジトリからご覧いただけます。

関西学院大学心理科学研究

▶ 臨床教育心理学研究(継続前誌,33巻以降)

また,関西学院大学文学部の紀要『人文論究』にも,心理科学研究室のメンバーの論文が掲載されています。こちらも同リポジトリからご覧いただけます。

▶ 人文論究

 

 

PAGETOP