HOME > 研究室紹介 > 概要

概要

人間を科学的観点からとらえ理解する

総合心理科学科では、人間を科学的に理解する心理学の教育と研究を行っています。

1~2年生

心理学の基礎的知識やさまざまな研究方法(観察・実験・調査・検査・統計処理など)の基本を学びます。

3~4年生

3年生以降は,心理学およびその周辺分野に関する知識と技術をより深く学ぶため、各領域の専門家である専任教員の演習に分属します。これは、4年生で取り組む卒業論文の準備作業になります。具体的な専門分野は、知覚・生理・認知・学習・記憶・思考・言語・感情・動機づけ・性格・教育・発達・健康・異常・臨床・障害・社会・比較文化・乳幼児・高齢者・親子関係・動物・行動分析学・神経科学・精神医学など多彩です。

数十の実験実習室、3つの実習用ホール、4つの面接室、5つの観察室、3つのプレイルームなどの学科施設に、バーチャルリアリティシステム・眼球運動計測装置・脳電位リアルタイム解析装置などの最先端機器や、各種心理検査用具を保有しています。また、動物心理研究施設もあります。さまざまな学外機関(小学校、病院、水族館など)での研究活動や、メーカーとの産学共同研究も盛んに行っています。

2017年現在の心理科学研究室

有光興記 教授

パーソナリティ心理学
臨床感情科学

浮田潤 教授

認知心理学
言語情報処理・記憶のメカニズム

大竹恵子 教授

健康心理学
心身の健康増進、ポジティブ感情、幸福

小川洋和 教授

知覚心理学
潜在認知過程と意思決定のメカニズム

小野久江 教授

気分障害(うつ病)の臨床・向精神薬の臨床研究・自殺の分子精神医学的研究

片山順一 教授

認知心理生理学
注意・事象関連脳電位

桂田恵美子 教授

子どもの社会適応
愛着・ジェンダー

佐藤暢哉 教授

認知神経科学
行動神経科学
空間認知・記憶

佐藤寛 准教授

臨床心理学
認知行動療法
臨床児童青年心理学

嶋崎恒雄 教授

思考と学習についての実験心理学

中島定彦 教授

学習心理学・動物認知科学
行動分析学・ヒトと動物の関係学

成田健一 教授

感情・パーソナリティ
生涯発達

三浦麻子 教授

社会心理学
情報行動学
インタラクション

米山直樹 教授

臨床心理学
行動療法・応用行動分析

堀麻佑子 契約助手

斎藤元幸 契約助手

PAGETOP