HOME > 学部・大学院教育 > 国家資格「公認心理師」

国家資格「公認心理師」

公認心理師 FAQ (よくある質問へのお答え)

公認心理師とはどんな資格ですか?

日本で初めての心理職のための「国家資格」です。
 従来は「臨床心理士」等の民間資格しか存在していませんでしたが、2015年9月に公認心理師法が成立し、2年以内の施行が予定されています。
 「国家資格」とは、医師、看護師、保健師のような、国の法律に基づいた資格です。一方、「民間資格」というのは民間団体や個人が自由に設定できる資格のことです。公認心理師は日本で唯一の心理学に関わる「国家資格」であり、医療・福祉・教育などの分野において心理職として働くためには必須の資格になる可能性が高いと考えられています。

関西学院大学文学部で公認心理師になることはできますか?

もちろん、なれます。
 関西学院大学文学部では、公認心理師に対応したカリキュラムを新たに立ち上げる予定です。制度開始の時期に合わせて、2018年度入学生からは新カリキュラムの対象となる見通しです。それ以前の入学生には経過措置が講じられる予定ですので、資格取得の道は十分に開かれており、対応可能であると考えています。

関西学院大学文学部で公認心理師になるにはどうすればよいのですか?

まずは総合心理科学科に入学し、所定の単位を修めましょう。
 ただし、公認心理師の資格を取得するためには、大学の学部を卒業するだけでは足りません。
 1. 公認心理師に対応した学部・学科で所定の単位を取得し4年間学ぶ
 2. 公認心理師に対応した大学院で2年間学ぶか、臨床実践の現場で実務経験(現場の定義、何年になるか等は未定)を積む
 3. 国家試験に合格する
 という3つの関門のすべてをクリアする必要があります。
 関西学院大学文学部・大学院文学研究科で公認心理師になるためには、本学で開講を予定している様々な心理学関連科目を系統的に履修する必要があります。実験実習、資料研究、統計学といった科学的心理学の基礎をなすリテラシー科目を筆頭に、心理学の諸側面に関する講義科目、さらには実践的な臨床実習科目も含め、種々多様な心理学関連科目の単位を修得することが求められます。
 これによって、資格をとるために必要な最低限の単位を修得することはもちろんですが、単にそれだけでなく、心理的支援を必要とする人々の役に立つ公認心理師として必須の資質である“科学的な心理学への理解”が、本学のカリキュラムでこそ得られると考えています。

関西学院大学文学部で公認心理師を目指すことにはどのようなメリットがありますか?

心理学を実践に生かす、技術・能力・態度が学習できます。
 関西学院大学文学部心理科学研究室は、私学では最古の歴史を誇り、日本でも有数の心理学教育の拠点の一つであると自負しています。本学では科学的な実験心理学と実践的な臨床心理学をともに学習、研究していくスタイルをはるか昔から貫いていました。したがって、本学では科学的な心理学との接点が強く、単なる実学ではない科学者―実践家(scientist-practitioner)としての技術・能力・態度が身につく、と考えています。
 加えて14名の専任教員並びに2名の助手教員の総計16名が、心理学の各領域(医療、教育、福祉等)に対して強みをもっており、様々な心理学を学習する環境が整っています。さらには上述のカリキュラムの箇所でも一部触れましたが、伝統に根づいた充実した臨床実習があり、現場を肌で感じることも可能です。
 ただし、充実した学習環境において、心理学に本気で取り組むことが大変厳しい道になることは言うまでもありません。むしろ厳しい環境に晒されることで、一所懸命に学ぶ姿勢が身につくことになります。関学の心理科学研究室にはそうした環境に身をおいて、苦労を厭わず努力する人が多く在籍しています。このように、学生同士で切磋琢磨できることも大きなメリットの一つでしょう。


公認心理師関連情報

公認心理師(厚生労働省)

PAGETOP