HOME > 学部・大学院教育 > 「臨床発達心理士」

「臨床発達心理士」

臨床発達心理士FAQ(よくある質問へのお答え)

臨床発達心理士とはどんな資格ですか?

発達的観点を持ち臨床に携わる専門家のための民間資格です。
 臨床発達心理士は、発達心理学の考え方をベースにして、人の発達や加齢に寄り添い支援を行います。
 「一般社団法人 臨床発達心理士認定運営機構」が運営する資格であり、5年ごとに更新が必要です。同じく民間資格である「臨床心理士」や国家資格である「公認心理師」とは異なります。

関西学院大学文学部で臨床発達心理士の資格を取得することはできますか?

大学ではなく大学院で可能です。
 学部と大学院の両方の学びが問われる公認心理師とは異なり、臨床発達心理士では大学院における学びのみが問われます。

関西学院大学大学院で臨床発達心理士になるにはどうすればよいのですか?

文学研究科総合心理科学専攻 博士課程前期課程に入学し、指定科目の単位を修得(見込み含む)すると共に、所定の臨床実習経験(200時間以上)を積むことで、基本タイプである「タイプI」として申請することが可能となります。
 なお、臨床発達心理士は博士課程前期課程在学中から資格取得申請が可能で、一次審査・二次審査に合格すれば資格認定となります。ただし見込みで合格した場合、単位取得証明書、修了証明書等、必要書類を臨床発達心理士認定運営機構に送付し、最終確認を受ける必要があります。
 ※その他の資格取得申請タイプや審査の詳細については一般社団法人臨床発達心理士認定運営機構HPを参照してください。


臨床発達心理士関連情報

一般社団法人臨床発達心理士認定運営機構

PAGETOP