HOME > 学部・大学院教育 > 論文 > 卒業論文

卒業論文

タイトル 学科・専修 年度 主査
解釈レベルの操作が記憶に与える影響に関する実験的研究 心理科学 2015 浮田 潤
自伝的記憶の構造は男女で異なるのか 心理科学 2015 浮田 潤
TV-CMの商品名想起における効果的な手がかりとは何か 心理科学 2015 浮田 潤
本の帯が購買時の意思決定に及ぼす影響の検討—読みたくなるキャッチコピー— 心理科学 2015 浮田 潤
2つの数的先行刺激が視覚的注意の方向性に与える影響 心理科学 2015 浮田 潤
検索経験段階における検索後の項目再呈示が検索誘導性忘却に及ぼす影響 心理科学 2015 浮田 潤
身体化認知が意味的プライミング効果に与える影響 心理科学 2015 浮田 潤
楽曲の好みがBGM文脈依存効果に及ぼす影響 心理科学 2015 浮田 潤
情報の熟知価が単語・ターゲットの記憶に及ぼす影響 ~インプットソースモニタリングとアウトプットターゲットモニタリングの比較を通して~ 心理科学 2015 浮田 潤
ノートは自分で書くのがいい?~筆字体の自他による記憶への影響~ 心理科学 2015 浮田 潤
漢字の書き取り課題による気分誘導法の検討 心理科学 2015 浮田 潤
視覚情報と嗅覚情報が味の記憶に及ぼす影響—緑茶系飲料の味の再認判断を用いて— 心理科学 2015 浮田 潤
夢への態度は過去の夢見経験に左右されるのか 心理科学 2015 浮田 潤
オブジェクトに対してチアリーダー効果は見られるのか? 心理科学 2015 浮田 潤
閾下刺激が及ぼす影響の範囲の検討~サブリミナル・プライミング効果は 自己状態の評価に影響するのか?それとも選択行動にまで影響するのか?~ 心理科学 2015 浮田 潤
凶器注目効果における新奇性説の検証 心理科学 2015 浮田 潤
共食における相手との親密度と食物の情報がおいしさに及ぼす影響 心理科学 2015 大竹 恵子
筆記による感情開示がもたらす心理的効果 心理科学 2015 大竹 恵子
大学生におけるSNS使用の実態—SNS依存とソーシャル・スキル が主観的幸福感と孤独感にどのように関連するか— 心理科学 2015 大竹 恵子
喫煙獲得「前熟考期」ステージと動機、社会的スキル及び知識の関連性 心理科学 2015 大竹 恵子
動画・画像の印象評定による喫煙獲得「前熟考期」ステージの特徴の検討 心理科学 2015 大竹 恵子
ポジティブ感情喚起による対人間での食行動 心理科学 2015 大竹 恵子
ポジティブ感情は向社会的行動に関するパフォーマンスを向上させるのか 心理科学 2015 大竹 恵子
課題に対する期待度と結果のフィードバックが感情に及ぼす影響 心理科学 2015 大竹 恵子
映像視聴によって喚起された感情が印象評定に与える影響 —音声の有無での比較— 心理科学 2015 大竹 恵子
ポジティブ・イリュージョンと自己愛が帰属スタイル及び嫉妬行動に与える影響について 心理科学 2015 大竹 恵子
能力賞賛と貢献賞賛のフィードバックの違いが主観的幸福感に及ぼす影響について 心理科学 2015 大竹 恵子
主観的幸福感と思いやりが親切行動に及ぼす影響について 心理科学 2015 大竹 恵子
認知的方略と感情情報がリスク認知に及ぼす影響について 心理科学 2015 大竹 恵子
食べ物の新奇性が視覚呈示での感性満腹感に及ぼす影響 心理科学 2015 大竹 恵子
ポジティブ感情状態が美味しさに与える影響について 心理科学 2015 大竹 恵子
呈示時間の違いがサムネイル画像の再認成績に与える影響 心理科学 2015 小川 洋和
模倣対象の外見的特徴が無意識的模倣に与える影響およびその時間特性 心理科学 2015 小川 洋和
シーンの持つ情報量の一致が視覚探索処理を促進するか 心理科学 2015 小川 洋和
筆遣いの無意識的模倣は絵画の評価を向上させるか 心理科学 2015 小川 洋和
BGMの雰囲気が映像編集の見落としに与える影響について 心理科学 2015 小川 洋和
呈示する顔の角度と表情が単純接触効果に与える影響 心理科学 2015 小川 洋和
顔魅力による注意と覚醒の変動が時間知覚に及ぼす効果 心理科学 2015 小川 洋和
社会的文脈がヒトの無意識的模倣行動に与える影響 心理科学 2015 小川 洋和
達成課題遂行時の赤呈示による干渉と全体—部分知覚バイアスとの関連 心理科学 2015 小川 洋和
嫌悪・恐怖喚起画像による注意バイアスの比較 心理科学 2015 小川 洋和
性別および人種の違いが顔のアニマシー判断に与える影響 心理科学 2015 小川 洋和
ヒトの運動が観察者に与える運動印象が表象的慣性に及ぼす影響 心理科学 2015 小川 洋和
初回実施時の自律訓練法が不安に与える影響 心理科学 2015 小野 久江
馬との触れ合いと乗馬運動が気分および生理的状態に与える影響について 心理科学 2015 小野 久江
大学生の抑うつと攻撃性との関連 心理科学 2015 小野 久江
気分がラジオ体操によってうける影響 心理科学 2015 小野 久江
心的外傷後ストレス反応に筆記開示法が与える影響 心理科学 2015 小野 久江
主観的な睡眠の質と不安・抑うつ状態との関連 心理科学 2015 小野 久江
大学生における食行動と抑うつ状態の関連 心理科学 2015 小野 久江
身体活動の強さによる健康関連QOLの違いについて 心理科学 2015 小野 久江
過去の出来事の回想方法の違いが大学生の感情に及ぼす効果—書記を用いた回想方法の検討— 心理科学 2015 小野 久江
社会的スキルの高さにおける対人ストレス度の違いについて 心理科学 2015 小野 久江
否定的な自動思考と抑うつ気分および不安との関連について 心理科学 2015 小野 久江
大学生の食行動異常傾向に関する研究—BMIと痩身願望に着目して— 心理科学 2015 小野 久江
コラージュ制作が気分状態に与える影響—自由に切り抜き配置する課程についての検討— 心理科学 2015 小野 久江
メントールの冷感効果とその効果を用いた化粧パックの印象に関する研究—心拍を指標として— 心理科学 2015 片山 順一
認知課題の難易度が課題への注意量に及ぼす影響—主課題法によるP300 を用いて— 心理科学 2015 片山 順一
気分状態と文章判断に関する実験的研究—P600、N400を指標として— 心理科学 2015 片山 順一
大学生における愛着スタイルと一人行動の関連 心理科学 2015 桂田 恵美子
大学生のジェンダー観の形成要因 心理科学 2015 桂田 恵美子
大学生のジェンダー観とファッション意識の関係について 心理科学 2015 桂田 恵美子
幼少期と現在の愛着タイプと精神的健康度の関連について 心理科学 2015 桂田 恵美子
大学生の親子関係と親準備性に関する研究 心理科学 2015 桂田 恵美子
成人期の愛着スタイルと養育態度の関連 心理科学 2015 桂田 恵美子
ジェンダー観と恋愛類型の関連性について 心理科学 2015 桂田 恵美子
大学生のソーシャルスキルの比較— 一人っ子vsきょうだいのいる者 — 心理科学 2015 桂田 恵美子
幼児の心情理解と善悪判断の関連 心理科学 2015 桂田 恵美子
青年期における親しい友人同士の愛着スタイルの関連 心理科学 2015 桂田 恵美子
大学生の心理的自立と親との心理的距離との関連 心理科学 2015 桂田 恵美子
父親・母親の養育態度と幼児のセルフ・コントロールおよび日常行動との関連 心理科学 2015 桂田 恵美子
同性愛に関する聞き取り調査 心理科学 2015 桂田 恵美子
母親の育児ストレス、養育態度における虐待傾向および幼児の愛着タイプの関連について 心理科学 2015 桂田 恵美子
親のスポーツ経験・運動への意識は幼児の運動能力・身体活動量にどう影響するか 心理科学 2015 桂田 恵美子
経路学習における着眼点および認知地図形成と方向感覚自己評定との関連 心理科学 2015 佐藤 暢哉
振動を用いた感情の伝達 心理科学 2015 佐藤 暢哉
感性認知バイアスが意思決定に与える影響について 心理科学 2015 佐藤 暢哉
格子状迷路を用いたラットの経路学習時における社会的要因の影響 心理科学 2015 佐藤 暢哉
場所情報と匂い情報がラットの記憶の想起に与える影響 心理科学 2015 佐藤 暢哉
ラットの援助行動の獲得に関わる c-Fos 遺伝子発現 心理科学 2015 佐藤 暢哉
聴覚ランドマークを用いた空間探索におけるovershadowing現象とblocking現象 心理科学 2015 佐藤 暢哉
自分の字はどのように認識されているのか?—視覚探索課題による探求— 心理科学 2015 佐藤 暢哉
ラバーハンド錯覚がキャッチング運動に与える影響 心理科学 2015 佐藤 暢哉
実験空間の色が感情プライミング効果に与える影響 心理科学 2015 佐藤 暢哉
心拍誘発電位を指標とした内受容性と共感の関連についての調査 心理科学 2015 佐藤 暢哉
飼育環境とオキシトシンがラットの向社会的l行動に及ぼす影響 心理科学 2015 佐藤 暢哉
VR空間における空間的存在(spatial presence)について 心理科学 2015 佐藤 暢哉
恐怖記憶は再固定化できるか?—消去訓練時のCS活性化に注目して— 心理科学 2015 嶋崎 恒雄
ギャンブルの種類による病的賭博の重症度の検討 心理科学 2015 嶋崎 恒雄
ギャンブルの種別による衝動性の高さの違いに関する研究—遅延価値割引を指標として— 心理科学 2015 嶋崎 恒雄
評価条件づけにおけるUS価値操作の実験的検討—CSに商品広告、USにタレント画像を用いた場合— 心理科学 2015 嶋崎 恒雄
納得に関する調査的研究—納得できない状況から— 心理科学 2015 嶋崎 恒雄
姿勢の変化が対人印象形成に与える影響—評価的条件づけの視点から— 心理科学 2015 嶋崎 恒雄
行列に関する調査的研究 心理科学 2015 中澤 清
人の意見を鵜呑みにする人は動機付けされやすいか—質問紙による性格検査や対人不安の観点から— 心理科学 2015 中澤 清
「夢中になる」ことに関する心理学的要因 心理科学 2015 中澤 清
未婚の社会人女性と女子大学生の化粧行動における公的自己意識と私的自己意識の関係性 心理科学 2015 中澤 清
スポーツ選手のコーチへの信頼感と目標への動機づけについて 心理科学 2015 中澤 清
大学体育会学生と一般学生のストレスコーピングの差異—スポーツ経験によって導かれるストレス耐性— 心理科学 2015 中澤 清
現代の大学生における母子間コミュニケーションと愛着スタイルに関する研究 心理科学 2015 中澤 清
大学生アスリートとレジリエンスに関する研究 心理科学 2015 中澤 清
スポーツマンの集中力に関する研究 心理科学 2015 中澤 清
旅行と主観的幸福感、心理的Well-Beingに関する研究 心理科学 2015 中澤 清
大学生の読書習慣と主観的幸福感との関係について 心理科学 2015 中澤 清
大学生のインターネット利用現状と攻撃性および向社会性との関連 心理科学 2015 中澤 清
自発的回転かご走行によってマウスの味覚嫌悪条件づけは可能か?—分化条件づけ手続きを用いた実験的検討— 心理科学 2015 中島 定彦
テレビCMの広告効果における心理的作用—コカ・コーラのCMは古典的条件づけの原理に基づいているか— 心理科学 2015 中島 定彦
イヌおよびヒトにおける性格尺度の作成—飼い主とイヌの性格類似性検討を目指して— 心理科学 2015 中島 定彦
ラットにおける味覚嫌悪学習の再獲得—系統的脱感作法を用いた再発状況の再確認— 心理科学 2015 中島 定彦
公園における犬の散歩に関する調査—飼い主の性別と年齢による滞在時間の違いについて— 心理科学 2015 中島 定彦
5種類の餌を用いたラットの食の好みに関する実験的研究 心理科学 2015 中島 定彦
カタツムリの古典的条件づけに関する実験的研究 心理科学 2015 中島 定彦
慢性砂糖溶液呈示後の剥奪手続きによって条件性風味回避は形成されるか 心理科学 2015 中島 定彦
「フクロウカフェ」の利用者に関する調査 心理科学 2015 中島 定彦
爬虫類カフェの利用者に関する調査 心理科学 2015 中島 定彦
愛犬用歩数計「わんダント」を用いた飼い犬の概日リズムの測定 心理科学 2015 中島 定彦
写真上の人物の印象評定に及ぼす犬の効果 心理科学 2015 中島 定彦
質問紙のホッチキス止めの箇所が紙面上における商品選択の位置バイアスに与える影響 心理科学 2015 中島 定彦
スマートフォンの画面上における商品の縦位置効果 心理科学 2015 中島 定彦
マウスの水泳性味覚嫌悪学習—分化条件づけ法を用いた実験的検討— 心理科学 2015 中島 定彦
待ち合わせにおける4つの挨拶行動 心理科学 2015 中島 定彦
大学生のレジリエンスにとって重要な要素とは~適応尺度との相関から考える~ 心理科学 2015 成田 健一
思いやりと幸福感の関係性に関して——利他主義における利他範囲の拡大に向けて—— 心理科学 2015 松見 淳子
在日コリアンの韓国語能力とエスニックアイデンティティ及び人生満足感とエスニックアイデンティティの関連 心理科学 2015 松見 淳子
放課後等デイサービスに通う児童における見本合わせ課題を用いた平仮名の読み指導 心理科学 2015 松見 淳子
大学生の就職活動経験の有無によるハーディネスと自己効力感、および問題対処方法の差の検討 心理科学 2015 松見 淳子
親からの期待と大学生のアイデンティティ形成および自立性との関連 心理科学 2015 松見 淳子
日本の若者の旅行先、旅行形態、旅行経験の有無による観光動機の差異の検討 心理科学 2015 松見 淳子
歯科治療場面における子どもの不適切な行動へのアプローチとしてのオリエンテーションの作成と評価 心理科学 2015 松見 淳子
パフォーマンスフィードバックを用いた飲食店における社員の接客行動増加への介入 心理科学 2015 松見 淳子
放課後等デイサービスに通う発達障害のある児童の離席行動に対する機能的アセスメントと介入効果の検討 心理科学 2015 松見 淳子
陸上競技選手における心理的競技能力と生活習慣の検討 心理科学 2015 松見 淳子
幸福な出来事の記述が主観的幸福感とポジティブ・ネガティブ感情に及ぼす影響の検討 心理科学 2015 松見 淳子
大学生における計算課題の遂行と音楽聴取の有無および「ながら」習慣の有無との関連 心理科学 2015 松見 淳子
ボランティア活動に対する動機の変化の検討 心理科学 2015 松見 淳子
大学生における居場所感と人生に対する積極的態度との関連 心理科学 2015 松見 淳子
大学生の生活充実度の研究—日常生活スキルとレジリエンス、ストレス反応、 および正課活動・正課外活動の参加意欲との関連から— 心理科学 2015 松見 淳子
大学生の将来における移動および地元への定住志向とキャリア志向性との関連性 心理科学 2015 松見 淳子
アーチェリー競技における試合出場経験の有無による心理的競技能力と達成動機およびストレスの要因の検討 心理科学 2015 松見 淳子
実験者の好意的な態度が参加者のパフォーマンスに及ぼす影響—表情と視線に着目して— 心理科学 2015 三浦 麻子
大学生活における社会的迷惑行為に対する認知と頻度の関連 -公的・私的自意識および社会・個人志向性に着目して- 心理科学 2015 三浦 麻子
売りたいものを売るためには~魅力効果の観点から~ 心理科学 2015 三浦 麻子
清潔さは道徳判断を鈍らせるのか?—Schnall, Benton, & Harvey (2008) の直接的追試実験— 心理科学 2015 三浦 麻子
実験課題における教示方法の違いが逸脱行動に与える影響 心理科学 2015 三浦 麻子
初対面の会話における同調と主張の組み合わせが対人魅力に及ぼす影響 心理科学 2015 三浦 麻子
オンラインコミュニケーションにおける感情伝達とその解釈が 会話相手および会話の印象に与える影響—LINEスタンプを用いた実験的研究— 心理科学 2015 三浦 麻子
笑顔の有無が女性の魅力度評価に及ぼす影響 心理科学 2015 三浦 麻子
恋人関係における葛藤と関係満足度の関係 —喧嘩するほど仲が良いのか?— 心理科学 2015 三浦 麻子
話し手の非言語的行動が対人魅力に与える影響— 話題の重要度との関連 — 心理科学 2015 三浦 麻子
同音異義語の単純接触による潜在的態度の変容 心理科学 2015 三浦 麻子
発話中のジェスチャーは説得力を増すのか?—態度変容と印象形成に着目して— 心理科学 2015 三浦 麻子
気分誘導が虚偽判断に与える影響—ネガティブな時、人は疑い深くなる?— 心理科学 2015 三浦 麻子
偶発的・環境的アンカーによるアンカリング効果—Critcher & Gilovich (2008)の直接的追試を経て— 心理科学 2015 三浦 麻子
「切る」動作が感情に及ぼす影響—紙を切ると嫌な気分も切れるのか?— 心理科学 2015 三浦 麻子
インターネットにおけるプライバシー意識—日中の大学生の比較— 心理科学 2015 三浦 麻子
高校時代の部活所属差が大学生におけるユニークさ及びソーシャルスキルに与える影響について 心理科学 2015 米山 直樹
自閉スペクトラム症児に対する絵カードを用いた要求行動の形成 心理科学 2015 米山 直樹
自閉スペクトラム症児に対する宣言言語・要求言語の自発の促進に関する研究 心理科学 2015 米山 直樹
レジ袋削減に向けた取り組みにおける行動分析的アプローチの効果 心理科学 2015 米山 直樹
飲食店従業員による手洗いチェック表への記入率の向上 —折れ線グラフによるフィードバック付きポスターとSNSによる掲示の効果— 心理科学 2015 米山 直樹
従事課題と時間経過に焦点をあてた自閉スペクトラム症児の着席行動に関する分析 心理科学 2015 米山 直樹
音楽の好みが非言語性課題の遂行に与える影響について 心理科学 2015 米山 直樹
競合的他者の存在がサッカーにおけるドリブルのスピードと正確性に及ぼす効果 心理科学 2015 米山 直樹
大学体育会の部室における視覚的構造化を用いたディスクの整理行動の変容 心理科学 2015 米山 直樹
運動部に所属する大学生の継続的参加付けとGPAが主観的幸福感に与える影響 心理科学 2015 米山 直樹
抑うつを制御する変数の検討 心理科学 2015 米山 直樹
体脂肪率軽減を中心とした生活改善による減量効果の検討 —電子メールを用いたダイエット行動の改善— 心理科学 2015 米山 直樹
漫画作業を行う際の目標設定とパフォーマンス・フィードバックの効果 心理科学 2015 米山 直樹
大学生が抱く親への欲求の傾向の違いが職業レディネスに与える影響について 心理科学 2015 米山 直樹
自閉スペクトラム症児に対する音楽の時間における構造化を用いた介入 心理科学 2015 米山 直樹
自閉スペクトラム症児におけるじゃんけんの勝敗理解の促進 心理科学 2015 米山 直樹
陸上競技部短短パートの練習メニューにおけるタイムとモチベーションの向上を目的とした集団随伴性の適用 心理科学 2015 米山 直樹
顔検出課題を用いた「相貌的認知」における音楽気分誘導の効果 心理科学 2014 浮田 潤
名前の提示が顔写真の再認記憶に及ぼす影響について 心理科学 2014 浮田 潤
日本人・韓国人における顔の形態イメージの比較検討—顔を見るだけで日本人・韓国人は見分けがつくのか— 心理科学 2014 浮田 潤
有名性課題において典型性が単純接触効果に及ぼす影響 心理科学 2014 浮田 潤
名前の印象・イメージ性が手がかり再生の再成立に及ぼす影響について 心理科学 2014 浮田 潤
視認性操作がDRMパラダイムの再認成績に及ぼす影響 心理科学 2014 浮田 潤
商品広告における古典的条件づけと心理的リアクタンス理論の検証—プロ野球のファインプレー時の広告呈示の効果について— 心理科学 2014 浮田 潤
日本語表記による環境的文脈依存効果の検討—記銘時と再認時における表記の一致・不一致の影響— 心理科学 2014 浮田 潤
シーン記憶におけるオブジェクトと背景の関連性の検討 心理科学 2014 浮田 潤
系列的協同手続き実験における同調効果の影響 -再生の順位によって同調効果の大きさ 心理科学 2014 浮田 潤
対人印象の共有過程—観察した行動についての伝達における言語表現についての検討— 心理科学 2014 浮田 潤
主観的幸福感と社会的スキルが親切行動に及ぼす影響について 心理科学 2014 大竹 恵子
主観的幸福感および成長感が親切行動に与える影響に関する研究 心理科学 2014 大竹 恵子
食物の視覚呈示のみで感性満腹感は生起するのか—想像することの重要性— 心理科学 2014 大竹 恵子
自筆文字と活字の違いが精神的健康に影響を与えるのか‐主観的幸福感、感情、印象を指標として‐ 心理科学 2014 大竹 恵子
ポジティブ感情が親切行動に関する想起レパートリー数に与える影響 心理科学 2014 大竹 恵子
攻撃的ユーモアと対人関係について 心理科学 2014 大竹 恵子
家庭における母親の食に対する意識の共有に関する研究—母子関係、母子のアイデンティティ、子どもの家庭満足に与える影響— 心理科学 2014 大竹 恵子
健康食品に対する印象と健康意識の関連に関する研究 心理科学 2014 大竹 恵子
感謝している出来事の筆記が幸福感に及ぼす効果について 心理科学 2014 大竹 恵子
笑顔が人の記憶に及ぼす影響 心理科学 2014 大竹 恵子
ポジティブ感情が思考-行動レパートリー数に及ぼす影響について 心理科学 2014 大竹 恵子
感謝されることが主観的幸福感に及ぼす影響について 心理科学 2014 大竹 恵子
自伝的記憶の想起と開示がもたらす心理的効果 心理科学 2014 大竹 恵子
自己認知と幸福感、文化的自己観の関係 心理科学 2014 大竹 恵子
化粧の濃さが顔の印象や再認に与える影響について 心理科学 2014 小川 洋和
「赤の他人」というのは本当?—IATを用いた色彩と自己意識の潜在的連合の検討— 心理科学 2014 小川 洋和
トライポフォビア喚起画像がサッカード軌跡に与える影響 心理科学 2014 小川 洋和
視線が物の選好に与える影響およびその性差について 心理科学 2014 小川 洋和
オブジェクトの顕著性が視覚的注意および印象形成に及ぼす影響 心理科学 2014 小川 洋和
観察者の表情筋の操作が恐怖表情の想起に干渉する 心理科学 2014 小川 洋和
映像の呈示方法がシーンの視覚的情報と言語的情報の記憶に与える影響 心理科学 2014 小川 洋和
時間的腹話術効果を用いた訓練による視聴覚統合の時間窓への影響について 心理科学 2014 小川 洋和
顔から声を予測できるか?静止画像を用いた顔と声のマッチングにおける性格特性のイメージの役割 心理科学 2014 小川 洋和
顔の魅力評定において横顔の向きが正面顔の魅力度に与える影響 心理科学 2014 小川 洋和
笑いが気分に与える影響 心理科学 2014 小野 久江
大学生の社交不安傾向と気分・感情の関連 心理科学 2014 小野 久江
抑うつ気分にバランスボールエクササイズが及ぼす影響—気分と自律神経活動のバランスボールエクササイズによる変化— 心理科学 2014 小野 久江
大学生の自殺予防におけるマンガ仕立ての小冊子の有用性の調査 心理科学 2014 小野 久江
大学生における抑うつと生きがいの関係 心理科学 2014 小野 久江
バーンアウトと職業性ストレスの関連の検討 心理科学 2014 小野 久江
大学生の抑うつ状態及び睡眠と学業成績の関連性について 心理科学 2014 小野 久江
大学生の心理的ストレス反応にソーシャルスキルとソーシャルサポートが及ぼす影響 心理科学 2014 小野 久江
大学生における心的外傷体験が否定的な認知に及ぼす影響についての調査 心理科学 2014 小野 久江
大学生における食行動異常と気分との関連性の調査 心理科学 2014 小野 久江
出生前診断に対する大学生の意識調査—出生前診断への意識と不安との関連— 心理科学 2014 小野 久江
社会不安とコストバイアスの関連について 心理科学 2014 小野 久江
初心者乗馬における生理的・精神的変化に関する研究 心理科学 2014 小野 久江
大学生の抑うつ状態と首尾の一貫感覚との関連 心理科学 2014 小野 久江
大学生の主観的な睡眠の質と不安および抑うつ傾向との関連 心理科学 2014 小野 久江
暗さの要因が感情の変化に与える影響に関する検討 心理科学 2014 片山 順一
肘への体性感覚無関連プローブ刺激を用いた映像視聴中およびデジタル漫画読書中の興味に関する検討 心理科学 2014 片山 順一
役割を操作した集団の意思決定に伴う結果の評価—多人数脳波同時測定による検討 心理科学 2014 片山 順一
異なる文章提示媒体における眼球運動測定—理解度の観点から— 心理科学 2014 片山 順一
テンポ・スウィングの違いによる音楽に対する印象変化の検討—音楽感情評価と心拍数・脈派を用いて— 心理科学 2014 片山 順一
親密度を操作した集団の意思決定に伴う結果の評価—多人数脳波同時測定による検討— 心理科学 2014 片山 順一
青年期の日本人大学生における愛着スタイルと家族関係との関連について 心理科学 2014 桂田 恵美子
母親と学生における乳児の泣き声弁別の比較 心理科学 2014 桂田 恵美子
夫婦関係と子どもの愛着との関連について 心理科学 2014 桂田 恵美子
人は四角よりも丸を好むのか 心理科学 2014 桂田 恵美子
娘の父親に対する評価に関する研究 心理科学 2014 桂田 恵美子
乳幼児への絵本の読み聞かせと母子関係における愛着および養育態度との関連 心理科学 2014 桂田 恵美子
幼児の心の理論の獲得と向社会的行動の関連 心理科学 2014 桂田 恵美子
幼児の思いやり的嘘の発達的違いと向社会的行動との関連の検討 心理科学 2014 桂田 恵美子
大学生における楽観性と社会的スキルについて~親子関係との関連性~ 心理科学 2014 桂田 恵美子
男子大学生の伝統的性役割観に個人差を生み出す要因の検討 心理科学 2014 桂田 恵美子
親の養育態度と向社会性と子どもの向社会性の関連性 心理科学 2014 桂田 恵美子
家族に対する居場所感と友人関係の充実度の関連 心理科学 2014 桂田 恵美子
色彩注視に及ぼす室温の影響 心理科学 2014 桂田 恵美子
格子状迷路を用いたラットの認知地図の検討—脳梁膨大後部皮質損傷が与える影響— 心理科学 2014 佐藤 暢哉
音系列の弁別学習に関する研究—条件性抑制手続きによる抑制率を指標として— 心理科学 2014 佐藤 暢哉
マウスにおける向社会的行動 心理科学 2014 佐藤 暢哉
健常大学生における自閉症スペクトラム指数と刺激配置の関連 心理科学 2014 佐藤 暢哉
情動的な画像が声の模倣に与える影響 心理科学 2014 佐藤 暢哉
視点異動の方法が空間記憶にもたらす影響 心理科学 2014 佐藤 暢哉
プライミング課題を用いた選択による好みの変化に関する実験的研究 心理科学 2014 佐藤 暢哉
ラットのエピソード記憶の形成・想起におけるにおい文脈の効果の検討 心理科学 2014 佐藤 暢哉
非喫煙者と喫煙者のリスク回避能力と衝動性の比較について 心理科学 2014 佐藤 暢哉
情報呈示モダリティの違いがFalse Memory 発生に与える影響 心理科学 2014 佐藤 暢哉
評価条件づけは頻度の法則に従うか—態度変容の観点から— 心理科学 2014 嶋崎 恒雄
嫌なやつにはあえて近づけ?—接近・回避行動による対人印象の変容過程— 心理科学 2014 嶋崎 恒雄
私の知らない素敵な「私」—閾下条件づけによる潜在的自尊心の変容 心理科学 2014 嶋崎 恒雄
不安の精神生理学的研究—八木・宮田パラダイムを用いて— 心理科学 2014 嶋崎 恒雄
商品広告における条件づけ—CSとUSの時間順序が態度変容に及ぼす影響— 心理科学 2014 嶋崎 恒雄
意思決定による後悔の発達的変化—中学生と大学生を対象として— 心理科学 2014 嶋崎 恒雄
大学生の大学在学理由と就職観についての調査研究 心理科学 2014 嶋崎 恒雄
共感性は随伴性判断を調整する—連続型試行手続きを用いて 心理科学 2014 嶋崎 恒雄
胸を張れば好きになる?—姿勢をUSとした人物写真の条件づけ— 心理科学 2014 嶋崎 恒雄
選択による選好の変化—「運命の人」は自分で作る?— 心理科学 2014 嶋崎 恒雄
納得の構造に関する研究—納得と理解の関係を解き明かす— 心理科学 2014 嶋崎 恒雄
賭博者の賭博者による賭博者のため研究—衝動性と価値取引の観点から— 心理科学 2014 嶋崎 恒雄
大学生における自己愛と劣等感の関連について 心理科学 2014 中澤 清
スポーツ・レジリエンス尺度作成に関する研究 心理科学 2014 中澤 清
日常生活とハンドボーラーにおける集中力の関係 心理科学 2014 中澤 清
「大学生の友人関係における状況に応じた切替と転校経験の関連」 心理科学 2014 中澤 清
ダンスという身体活動の効果に関する研究 心理科学 2014 中澤 清
ハンドボール選手の日常生活と集中力の関係について 心理科学 2014 中澤 清
懐かしい音楽が認知的作業に与える影響 心理科学 2014 中澤 清
ゲーム経験と認知スタイルの関連性についての検討 心理科学 2014 中澤 清
コミュニケーション能力と対人距離の関連性について 心理科学 2014 中澤 清
大学生の就職活動準備状況と職業決定や自我発達の関連について 心理科学 2014 中澤 清
「現代女子大学生の服装意識と性格特性の関連性」 心理科学 2014 中澤 清
恋愛コーピングと性格特性との関連性について 心理科学 2014 中澤 清
大学生におけるリーダーシップ特性と楽観主義に関する研究 心理科学 2014 中澤 清
依存と自尊感情の関係に関する研究 心理科学 2014 中澤 清
両親の夫婦関係が子の恋愛対象者との恋愛関係に及ぼす影響について 心理科学 2014 中澤 清
ふれ合い恐怖的心性と心理的ストレス反応における関連性 心理科学 2014 中澤 清
同一物間選択における選択位置効果 心理科学 2014 中島 定彦
ラットに対する慢性砂糖溶液呈示後の剥奪手続きによる条件性風味回避の検討 —短期間でも依存形成は可能か— 心理科学 2014 中島 定彦
ハトにおける味覚嫌悪学習を用いたヒト弁別実験 心理科学 2014 中島 定彦
文庫本の装丁の違いが直後再生の文章記憶および印象評定に及ぼす影響 心理科学 2014 中島 定彦
パイカ行動を指標としたラットの気分不快感測定 心理科学 2014 中島 定彦
商品の縦陳列位置効果に関する研究 心理科学 2014 中島 定彦
ネコは自分の名前を認知しているか—多頭飼いと少数飼いとの比較— 心理科学 2014 中島 定彦
「ウサギカフェ」の実態と動物カフェの認知度に関する調査 心理科学 2014 中島 定彦
スーパーマーケットにおける消費者の商品選択に陳列位置が及ぼす影響 心理科学 2014 中島 定彦
人はなぜ「ゆるキャラ」に惹かれるのか 心理科学 2014 中島 定彦
犬は人物の印象に影響を与えるのか 心理科学 2014 中島 定彦
紙面上における商品選択の位置バイアス 心理科学 2014 中島 定彦
アニマルセラピーグッズの有効性の再検討 心理科学 2014 中島 定彦
アニメキャラクターが商品の価値に及ぼす影響 心理科学 2014 中島 定彦
マウスにおけるチーズの好みに関する実験的研究 心理科学 2014 中島 定彦
女性における誇大型・過敏型自己愛の横断的変化 —主観的幸福感、精神的健康、パーソナリティとの関連— 心理科学 2014 成田 健一
ソーシャルゲーム・アディクションテスト作成の試み 心理科学 2014 成田 健一
性格特性と主観的幸福感を媒介する認知的傾向の媒介効果の検討 —不合理な信念と曖昧さへの耐性に注目して— 心理科学 2014 成田 健一
自己複雑性の測定の試み—5答法を用いて— 心理科学 2014 成田 健一
楽観性と悲観性が幸福感に及ぼす影響 心理科学 2014 成田 健一
精神的自立から捉える親子関係 —対人関係と幸福感の関連について性差と母子の捉え方のずれから検討— 心理科学 2014 成田 健一
聞き手の世代及び反応が語り手の非言語行動に与える影響 —高齢者の過去語り場面からの検討— 心理科学 2014 成田 健一
大学生の社会的スキルとソーシャルメディアでの表現に関する研究 心理科学 2014 松見 淳子
体操競技におけるビデオフィードバックの効果~小学生女児のゆかの演技を対象として~ 心理科学 2014 松見 淳子
発達障害のある児童に対するこだわり行動を減少させる課題難易度及び掲示方法の検討 心理科学 2014 松見 淳子
大学生のサークルにおける集団凝集性の自己の貢献度と満足度の関連性について 心理科学 2014 松見 淳子
発達障害のある小学1年生の児童の離席行動に対する機能的アセスメント研究 心理科学 2014 松見 淳子
大学生における恋愛意識と携帯電話を用いたコミュニケーション依存の関連 心理科学 2014 松見 淳子
大学生活スタイルと大学生活充実度に関する研究~学習および課外活動への積極性を指標として~ 心理科学 2014 松見 淳子
日本人大学生のマインドフルネスと感謝に関する調査研究 心理科学 2014 松見 淳子
性行為に対する意識の研究—性差及び愛着の観点から— 心理科学 2014 松見 淳子
セルフモニタリングを用いた20代男女のストレッチによる運動週間の形成—プレマックの原理の応用— 心理科学 2014 松見 淳子
日本で学ぶ外国人留学生の異文化適応と心理的ウェルビューイングの研究 心理科学 2014 松見 淳子
Twitterを介して交流する相手が現実場面で出会った友人かオンライン上で出会った友人かの違いが与える心理的影響について 心理科学 2014 三浦 麻子
日本のプロサッカーリーグにおけるホームアドバンテージ—観客が審判の判断に与える影響— 心理科学 2014 三浦 麻子
「目のポスター」による援助行動への影響についての実験的研究 心理科学 2014 三浦 麻子
化粧意識調査と化粧有無における行動の日韓比較 心理科学 2014 三浦 麻子
認知的方略の違いが突然の課題への対処に及ぼす影響—防衛的悲観主義に着目して— 心理科学 2014 三浦 麻子
失敗経験を中心とした語り場面における世代間相互作用の実験的検討 心理科学 2014 三浦 麻子
強い視線が逸脱行動の抑制に与える影響について 心理科学 2014 三浦 麻子
発話内容と表情の一致・不一致が信頼性判断におよぼす影響について 心理科学 2014 三浦 麻子
人前での演奏における「あがり」が実際の「パフォーマンス」に及ぼす影響 心理科学 2014 三浦 麻子
インターネット上での自己表出が精神的健康へ与える影響 心理科学 2014 三浦 麻子
韓国のセンター試験における正答位置の分布に関する研究—韓国の試験における正答位置の実態と韓国人の傾向について— 心理科学 2014 三浦 麻子
重度発達障害児に対するPECSを用いた要求言語行動の形成 心理科学 2014 米山 直樹
グラフフィードバックとCDトレーニングが大学生の相対音感取得に与える効果 心理科学 2014 米山 直樹
学内における原動機付自転車の不適切駐輪の軽減 心理科学 2014 米山 直樹
データ付きポスター及び競合的手法を用いた大学運動部倉庫におけるバッグの放置の軽減 心理科学 2014 米山 直樹
飲食店従業員の日報へのサイン記入率の向上—ポスター及びデータ付きポスター掲示の効果— 心理科学 2014 米山 直樹
剣道のj練習を行う前に視聴する映像が精神面に与える効果 心理科学 2014 米山 直樹
対人場面の緊張に関する漸進的筋弛緩法(リラクゼーション)の効果について 心理科学 2014 米山 直樹
大学生のストレス変化およびADHD傾向が重心動揺に及ぼす影響 心理科学 2014 米山 直樹
競合的他者の存在がサッカーにおけるドリブルのスピードおよび正確性に及ぼす影響について 心理科学 2014 米山 直樹
部屋の後片付けにおけるデータ付きポスターの効果 心理科学 2014 米山 直樹
目標設定とフィードバックが児童の英語の成績に及ぼす効果 心理科学 2014 米山 直樹
両親の夫婦関係が子の恋愛対象者との恋愛関係に及ぼす影響について 心理科学 2014 米山 直樹
課題分析を用いた自閉スペクトラム症と知的能力障害を伴う幼児の着替え指導 心理科学 2014 米山 直樹
大学生の創造性と自尊感情の関連について 心理科学 2013 松見 淳子
日本の大学生における犯罪に対する意識調査ー犯罪に対する意識とそれに対する防犯行動ー 心理科学 2013 松見 淳子
選択と自己観 心理科学 2013 松見 淳子
大学生カヌー選手における「心構え」と運動遂行能力(パフォーマンス)の関係について 心理科学 2013 松見 淳子
手で触れることによって感情を伝達することができるかー先行研究に基づいた男女差の検討ー 心理科学 2013 松見 淳子
青年期の友人関係と身体接触の許容度との関連性について 心理科学 2013 松見 淳子
大学生における居場所感の測定およびレジリエンスと孤独感との関連 心理科学 2013 松見 淳子
高校制服着用時と大学での私服着用時における着装基準の関連性および、 自己意識との関係性の検討ー自意識・独自性欲求・対人不安を要因としてー 心理科学 2013 松見 淳子
大学生における就職活動への取り組み方とストレス反応およびハーディネスとの関係 心理科学 2013 松見 淳子
笑いとストレスの関係性に関する実験的研究 心理科学 2013 松見 淳子
ラクロスにおける競技知識と自己効力感は試合中のプレーと関係があるか 心理科学 2013 松見 淳子
手や腕への接触による感情伝達と視覚による感情識別の研究 ー Hertenstein (2006) と二ツ井 (2010) による先行研究との比較ー 心理科学 2013 松見 淳子
大学生カヌープレイヤーの試合場面においての競技特性不安とその対応策について 心理科学 2013 松見 淳子
中国の地域差による「グローバル化」に対するイメージの違いー上海と長沙の比較ー 心理科学 2013 松見 淳子
大学生の食物選択動機と健康との関連 心理科学 2013 松見 淳子
両親の仲の良さと子どもの対人関係との関連について 心理科学 2013 中澤 清
信仰の有無による認知スタイルについて 心理科学 2013 中澤 清
アメリカンフットボールと集中力の関連 心理科学 2013 中澤 清
同調傾向による大学生の対人関係の変容 心理科学 2013 中澤 清
出生順位における同調行動について 心理科学 2013 中澤 清
血液型と気質の関連について 心理科学 2013 中澤 清
弓道における集中力と競技成績の関連 心理科学 2013 中澤 清
ソーシャルゲーム利用が社会性・攻撃性に与える影響 心理科学 2013 中澤 清
ユーモアへの積極性が恋愛経験に及ぼす影響 心理科学 2013 中澤 清
感覚処理感受性とアフォーダンスーマイクロスリップの検証ー 心理科学 2013 中澤 清
大学生アスリートのレジリエンスについて 心理科学 2013 中澤 清
自己意識とパーソナルスペースの関連性 心理科学 2013 中澤 清
楽観性と自死の関係ー自死に関する意識調査もふまえてー 心理科学 2013 中澤 清
パーソナリティが消費行動におけるリスクテイキング行動に及ぼす影響について 心理科学 2013 中澤 清
ネットショッピング依存傾向についての研究 心理科学 2013 中澤 清
ストレスコーピングとパーソナリティの関係 心理科学 2013 中澤 清
気分が典型色スキーマに及ぼす影響 心理科学 2013 浮田 潤
台詞の呈示様式が物語の理解と共感に及ぼす影響 ー映画の吹き替えと字幕の比較ー 心理科学 2013 浮田 潤
マジックにおけるミスディレクションの有効性- オフビートの役割について – 心理科学 2013 浮田 潤
BGMの自己選択による効果の検討 ~自分で音楽を選ぶことが課題の成績を向上させるか?~ 心理科学 2013 浮田 潤
手書き文字を見ただけで書き手の性格を推測できるのか?ー文字は人をあらわすのかー 心理科学 2013 浮田 潤
主観評価に基づく服装の類似度が親密欲求に及ぼす影響 ~服装が似ていると友達になりたいと思うか?~ 心理科学 2013 浮田 潤
日本人の氏名は Memory conjunction error を起こすのか 心理科学 2013 浮田 潤
どうしたら嘘はばれないのか!?~漏洩防止と欺瞞性認知の関係~ 心理科学 2013 浮田 潤
印象の向上を目的とした顔の部分修正とその効果 心理科学 2013 浮田 潤
同音異義語の処理過程に及ぼすピッチアクセントの影響 ーピッチアクセントは語彙アクセスを制約するか?ー 心理科学 2013 浮田 潤
髪型の変更が顔の再認記憶に及ぼす影響ー3つの異なる処理方略を用いてー 心理科学 2013 浮田 潤
BGMの活性度の違いがビジランス課題に及ぼす影響 心理科学 2013 浮田 潤
幼児の心の理論の発達と絵本の読み聞かせにおける心情理解の関連 心理科学 2013 桂田 恵美子
大学生の結婚観 -両親の夫婦関係の認知との関係- 心理科学 2013 桂田 恵美子
幼児期における心の理論と社会的スキルの関連について 心理科学 2013 桂田 恵美子
初対面における握手の効果についての研究 心理科学 2013 桂田 恵美子
高校生と大学生のジェンダー観と将来のライフコースとの関連について 心理科学 2013 桂田 恵美子
成人愛着スタイルと青年期における依存の関連 心理科学 2013 桂田 恵美子
大学生におけるアイデンティティの変化ー親への子育て経験のインタビューを通してー 心理科学 2013 桂田 恵美子
幼児の遊び場面における父子間・母子間の比較 心理科学 2013 桂田 恵美子
母子の信頼関係と共同注視の関連についての予測 心理科学 2013 桂田 恵美子
大学生における出生順位と性格の関係 心理科学 2013 桂田 恵美子
愛着の世代間伝達についてー親子関係を媒介としてー 心理科学 2013 桂田 恵美子
青年期のきょうだい関係と社会的スキルおよび友人関係との関連性 心理科学 2013 桂田 恵美子
恋人と結婚相手に対して重視するものの違い 心理科学 2013 桂田 恵美子
失恋からの立ち直り経験と成熟性の関連について 心理科学 2013 桂田 恵美子
関連プローブ法を用いた楽器演奏中のフロー体験に関する検討 心理科学 2013 片山 順一
嘘の意志決定が結果の評価処理に与える影響の検討 心理科学 2013 片山 順一
他者に指示された行為は誰の行為か? ー結果の評価処理と運動主体感に関するERPによる検討ー 心理科学 2013 片山 順一
新密度が感情映像視聴中の笑顔に与える影響の検討ー表情筋を指標としてー 心理科学 2013 片山 順一
選択が選好に与える影響の生理心理学的検討 心理科学 2013 片山 順一
集団意思決定のルールが結果の評価に与える影響ー多人数同時脳派計測による検討ー 心理科学 2013 片山 順一
快いにおいとプラセボ効果による痛み緩和効果の検討 心理科学 2013 片山 順一
無関連プローブ法による、メロディを用いた聴覚イメージ課題中の処理資源の評価 心理科学 2013 片山 順一
女性における誇大型・過敏型自己愛の横断的変化 ー主観的幸福感、精神的健康、パーソナリティとの関連ー 心理科学 2013 成田 健一
ソーシャルゲーム・アディクションテスト作成の試み 心理科学 2013 成田 健一
性格特性と主観的幸福感を媒介する認知的傾向の媒介効果の検討 ー不合理な信念と曖昧さへの耐性に注目してー 心理科学 2013 成田 健一
自己複雑性の測定の試みー5答法を用いてー 心理科学 2013 成田 健一
楽観性と悲観性が幸福感に及ぼす影響 心理科学 2013 成田 健一
精神的自立から捉える親子関係 ー対人関係と幸福感の関連について性差と母子の捉え方のずれから検討ー 心理科学 2013 成田 健一
聞き手の世代及び反応が語り手の非言語行動に与える影響 ー高齢者の過去語り場面からの検討ー 心理科学 2013 成田 健一
ラットに対する慢性砂糖溶液呈示後の剥奪手続きによる条件性風味回避 ー砂糖溶液慢性呈示期間の検討ー 心理科学 2013 中島 定彦
文庫本の装丁の違いが文章記憶および印象評定に及ぼす影響 ー「萌え」装丁の効果の検討ー 心理科学 2013 中島 定彦
歩行にかかる時間とその事後評価に計算課題が及ぼす影響 心理科学 2013 中島 定彦
犬の自発性瞬目と性格との関連および犬と飼い主のアイ・コンタクト 心理科学 2013 中島 定彦
「トランプ選択法」による選択位置の研究ー教示の違いの効果ー 心理科学 2013 中島 定彦
配布資料と割り箸の自己選択における位置の効果 心理科学 2013 中島 定彦
紙面上における商品の陳列位置の効果ー質問紙形式の場合ー 心理科学 2013 中島 定彦
動物介在活動時の犬の注視行動ーセラピー犬と飼い主の関係についてー 心理科学 2013 中島 定彦
他形式カフェとの比較を通して見た「猫カフェ」の実態 心理科学 2013 中島 定彦
体育会系部活動経験による体罰感の違い 心理科学 2013 中島 定彦
雑誌における商品広告の配置の効果ー商品広告は冊子の仕様によってその印象が変わるのかー 心理科学 2013 中島 定彦
ヒトのターン行動のラテラリティについてーホテルと駅における調査ー 心理科学 2013 中島 定彦
ラットにおけるチーズの好みに関する実験的研究 心理科学 2013 中島 定彦
選好注視法を用いたイヌの人物視線/表情認知ーipadによる静止画を用いてー 心理科学 2013 中島 定彦
スーパーにおける商品選択に及ぼす陳列位置の効果 心理科学 2013 中島 定彦
ラットの炭酸水味覚嫌悪学習 心理科学 2013 中島 定彦
競合的他者の存在がソフトテニスのファーストサービスの正確性に及ぼす影響 ー個人フィードバックと集団フィードバックの効果の検討ー 心理科学 2013 米山 直樹
行動分析における目標達成法と健康意識の強化による喫煙行動の減少 心理科学 2013 米山 直樹
応用行動分析的介入による小中学生に対する囲碁の対局マナー改善の試み 心理科学 2013 米山 直樹
発達障害児のリトミック課題指導時における視覚支援の効果 心理科学 2013 米山 直樹
大学生における親の期待がアイデンティティの感覚に及ぼす影響 ー期待内容と反応様式に注目してー 心理科学 2013 米山 直樹
環境の変化が自閉症児の他者への接触行動と要求行動に与える影響 心理科学 2013 米山 直樹
ボーリングゲームにおける自閉症児のルール理解の促進 心理科学 2013 米山 直樹
メールによる報告を用いた自己教示訓練がシャイネスの変容に及ぼす効果 心理科学 2013 米山 直樹
大学構内におけるゴミの散らし捨て行動に対するゴミ箱を用いた行動分析的アプローチ 心理科学 2013 米山 直樹
社会人男性への行動療法を用いた減量プログラムの効果 心理科学 2013 米山 直樹
きょうだい関係と状況別対人不安およびセルフ・モニタリングの関連について 心理科学 2013 米山 直樹
ビデオフィードバックを用いた剣道の面打ちの改善 心理科学 2013 米山 直樹
ディスカウントショップでの商品陳列における目標設定およびフィードバックの効果 心理科学 2013 米山 直樹
学生寮のキッチンシンクにおけるゴミの不始末への行動分析学的介入 ーデータ付きポスターの効果ー 心理科学 2013 米山 直樹
野球の投球技術の向上に対する行動的コーチングの効果 ーモデリングとビデオフィードバックと用いてー 心理科学 2013 米山 直樹
商品への関与度が情報探索手段に与える影響 心理科学 2013 三浦 麻子
プロ野球ファンの心理と攻撃的応援行動~阪神ファンを中心に~ 心理科学 2013 三浦 麻子
CMCにおける印象形成ーTwitter と Facebook のアイコンを用いてー 心理科学 2013 三浦 麻子
自己肯定意識と公的自己意識が化粧行動に与える影響 ー場面想定法による検討ー 心理科学 2013 三浦 麻子
メディア関心度が友人関係満足度および主観的幸福感に及ぼす影響 心理科学 2013 三浦 麻子
他者への好意や感謝に制御適合が及ぼす影響ー世代間相互作用場面での実験的検討ー 心理科学 2013 三浦 麻子
恥・罪悪感の喚起要因と喚起後の行動に関する実験的研究ー囚人のジレンマを用いてー 心理科学 2013 三浦 麻子
会話場面における視線行動に関する実験的研究 心理科学 2013 三浦 麻子
お守りがパフォーマンスに与える影響に関する実験的研究 心理科学 2013 三浦 麻子
コミュニケーション中の共食が態度変容に及ぼす影響に関する実験的研究 心理科学 2013 三浦 麻子
大学生活における大学祭の意義~関学生は新月祭にどう参加し、どのような成果を得たか~ 心理科学 2013 三浦 麻子
体罰に対する態度と自己の攻撃性に関する研究 心理科学 2013 三浦 麻子
ユーモアの感知と心理的・社会的健康の関連 心理科学 2013 三浦 麻子
「おたく」の社会的容認度および「おたく」成立要因に関する研究 心理科学 2013 三浦 麻子
大学生における異性/同性不安が行動の抵抗感に及ぼす影響 心理科学 2013 三浦 麻子
大学生における睡眠と身体感覚の増幅との関連 心理科学 2013 小野 久江
大学生がもつ自殺念慮におよぼす不安等の影響 心理科学 2013 小野 久江
抑うつと完全主義の関連について 心理科学 2013 小野 久江
ピア・サポート介入前後の気分と自律神経活動の変化について 心理科学 2013 小野 久江
大学生の社交不安の高さによるスピーチ場面における自律神経活動の違い 心理科学 2013 小野 久江
大学生の不安・抑うつ状態と友人関係について 心理科学 2013 小野 久江
神経性食思不振症とダイエット行動の関連性について 心理科学 2013 小野 久江
反社会性人格障害と実際の症例に関する文献研究 心理科学 2013 小野 久江
大学生の運動と自律神経活動および気分との関係 心理科学 2013 小野 久江
大学生の社会不安傾向と抑うつの関連 心理科学 2013 小野 久江
大学生におけるストレスと携帯電話依存症の関連 心理科学 2013 小野 久江
深夜アルバイトをしている学生としていない学生の睡眠の差について 心理科学 2013 小野 久江
大学生の喫煙者と非喫煙者における不安と自律神経活動の違いについて 心理科学 2013 小野 久江
大学生の摂食障害と完全主義の関連について 心理科学 2013 小野 久江
音楽刺激と自律神経活動バランス 心理科学 2013 小野 久江
日韓大学生のうつ状態と自殺観の比較 心理科学 2013 小野 久江
音楽聴取時のリズムの取り方が気分誘導に与える影響について 心理科学 2013 佐藤 暢哉
内受容性と共感の関連についてーHEPを指標としてー 心理科学 2013 佐藤 暢哉
向社会行動と摂食行動の価値の高低に関する研究 心理科学 2013 佐藤 暢哉
ラバーハンドの刺激によって誘発される視覚刺激の影響 心理科学 2013 佐藤 暢哉
ラットにおける予期しない課題の回答とエピソード記憶の関連 心理科学 2013 佐藤 暢哉
お菓子の画像刺激を用いた妨害刺激嫌悪効果に関する実験的研究 心理科学 2013 佐藤 暢哉
母親の楽観主義が育児に関する幸せに及ぼす影響について 心理科学 2013 大竹 恵子
主観的幸福感の高い人の方がよく笑うのか 心理科学 2013 大竹 恵子
「ほめられる」という行為が個人の主観的幸福感に与える影響について 心理科学 2013 大竹 恵子
主観的幸福感と親切行動の関連についてー絵画を用いた測定の試みー 心理科学 2013 大竹 恵子
BGMが話し手の印象に与える影響に関する実験的研究 心理科学 2013 大竹 恵子
主観的幸福感と食に対する感じ方の関係性 心理科学 2013 大竹 恵子
高齢者の回想とその語りー幸福感や感情状態に及ぼす効果ー 心理科学 2013 大竹 恵子
主観的幸福感と痩身願望、および食行動との関連ー食物選択動機についてー 心理科学 2013 大竹 恵子
スポーツにおけるプレッシャーと説明スタイルの関係について 心理科学 2013 大竹 恵子
食物の視覚呈示のみで感性満腹感は生起するか 心理科学 2013 大竹 恵子
大学入学時のポジティブ幻想の現れ方と自己愛人格傾向との関係 心理科学 2013 大竹 恵子
大学生における家族関係への評価と精神的健康の関係 心理科学 2013 大竹 恵子
非喫煙者のステージ分類ータバコへの対処行動と意識からのアプローチー 心理科学 2013 大竹 恵子
困難な経験後の成長に関する研究 ーレジリエンスとソーシャルサポートに着目してー 心理科学 2013 大竹 恵子
幼少期の食事内容や食卓のポジティブな雰囲気と食への意識の関係 心理科学 2013 大竹 恵子
単純接触効果の測定及びに言葉の同時提示による影響 心理科学 2013 小川 洋和
オブジェクトの想定サイズと時間知覚ーカノニカルサイズによる検討ー 心理科学 2013 小川 洋和
モダリティ別の訓練が競合する視聴覚リズム刺激への同期タイミングに与える影響 心理科学 2013 小川 洋和
熟練が無意識的思考に与える影響について 心理科学 2013 小川 洋和
恋愛を連想させる状況において赤色が行動に与える影響 心理科学 2013 小川 洋和
選択と擬似選択による選好変化の違い 心理科学 2013 小川 洋和
多物体追跡課題におけるオブジェクトの形状変化と注意容量の相互作用 心理科学 2013 小川 洋和
無意識下での意味逸脱による見えの違い~CFSを用いた検討~ 心理科学 2013 小川 洋和
視覚探索課題における皮膚色と顔知覚の関係 心理科学 2013 小川 洋和
映像のカット割りが注意と記憶に及ぼす影響について 心理科学 2013 小川 洋和
IATによる味と楽器音の共感覚的知覚の検討 心理科学 2013 小川 洋和
表情の記憶に身体の文脈効果が与える影響について 心理科学 2013 小川 洋和
美女と野獣ー男性の顔魅力評価に隣に女性の魅力度が与える影響ー 心理科学 2013 小川 洋和
模擬犯罪における罪悪感喚起と性格特性の関係 心理科学 2013 小川 洋和
知覚的妥当性のある環境音によるベクションの影響 心理科学 2013 小川 洋和
大学生の喫煙に関する調査およびその行動の分析 心理科学 2012 松見 淳子
大学部活動における所属維持要因の検討 心理科学 2012 松見 淳子
抑うつ感情と帰属スタイルの関連についてー失敗場面に対する行動のタイプにおける帰属スタイルの違いの検討ー 心理科学 2012 松見 淳子
大学生のグローバル化に対するイメージについて~文化的自己観、キャリア志向、多文化理解態度との関連~ 心理科学 2012 松見 淳子
マンドリンオーケストラにおける演奏不安についてー演奏不安に影響を与える要因の検討ー 心理科学 2012 松見 淳子
学級内の仲間集団間階層の規定因と勢力資源の関係ー修正版グラウンデッド・セオリー・アプローチ(M-GTA)に基づく女子大学生の語りの研究ー 心理科学 2012 松見 淳子
場面状況別の賞賛獲得欲求・拒否回避欲求についてー対人不安とその他の感情との関係ー 心理科学 2012 松見 淳子
BGMが単純作業と感情の評価および作業印象に及ぼす効果 心理科学 2012 松見 淳子
スポーツジムのフロントスタッフにおける評価・賞賛が主観的幸福感・職務満足度に及ぼす影響の検討 心理科学 2012 松見 淳子
いじめ被害者の行動パターンの違いによる状況判断と対処行動の差の検討ーいじめ場面の目撃者の立場からー 心理科学 2012 松見 淳子
大学準硬式野球部所属の女子マネージャーに対する野球の試合アナウンス訓練パッケージの効果検討 心理科学 2012 松見 淳子
日本の祭りに対するラベル効果の検討ーだんじり祭りと祇園祭りの比較においてー 心理科学 2012 松見 淳子
児童館の読書タイムにおける「読書のきろくカード」が読書行動に及ぼす効果の検討 心理科学 2012 松見 淳子
技術的な評価の高いニュースのアナウンスが与える印象についての検討 心理科学 2012 松見 淳子
大学生の「グローバル化」に対する意識調査 心理科学 2012 松見 淳子
コンビニエンスストア・スタッフの声出し行動および品出し・前出し・顔出し行動の促進パッケージの効果の検討 心理科学 2012 松見 淳子
質問紙調査と対人場面での実験的介入による化粧の心理的効果の検証 心理科学 2012 松見 淳子
大学生における過剰な感受性 心理科学 2012 中澤 清
不思議現象と自己認識欲求の関連について 心理科学 2012 中澤 清
大学生における自己愛傾向と非定型うつ病傾向の関連について 心理科学 2012 中澤 清
女子学生における「摂食障害傾向」と「ファッション自己肯定感」に関する研究 心理科学 2012 中澤 清
就職不安と就職に関するアイデンティティの関連について 心理科学 2012 中澤 清
大学生におけるゲームの影響ー抑うつ、不安、対人ストレスー 心理科学 2012 中澤 清
大学生のきょうだい関係の有無と人格特性の差異について 心理科学 2012 中澤 清
問題行動児に悩みをかかえる教師のバーンアウトに関する研究 心理科学 2012 中澤 清
心構えが及ぼす競泳選手の競技結果について 心理科学 2012 中澤 清
チアリーディング部とラクロス部における公的自意識と私的自意識の違い 心理科学 2012 中澤 清
年の差が恋愛関係満足度に与える影響について 心理科学 2012 中澤 清
大学生における被服行動と特性的自己効力感の関連について 心理科学 2012 中澤 清
あがりに関する調査 心理科学 2012 中澤 清
老人理解と社会知能の関連について 心理科学 2012 中澤 清
認知的不安がパフォーマンスに与える影響に関する実験的研究ーカタストロフィ・モデルによる仮説の検討ー 心理科学 2012 中澤 清
大学スポーツ選手におけるレジリエンスとスランプの関連について 心理科学 2012 中澤 清
携帯電話依存と志向性、自意識に関連性についてー日本人大学生と外国人留学生による比較ー 心理科学 2012 中澤 清
単語の長さが時間知覚に及ぼす影響ー有意味語と無意味語を用いてー 心理科学 2012 浮田 潤
dot-probe探査課題を用いた虚偽検出 心理科学 2012 浮田 潤
コンピュータマウスの形状デザインに対する印象評価と機能性の関係 心理科学 2012 浮田 潤
固有名詞と地名を用いたテスト効果の検討 心理科学 2012 浮田 潤
媒体の違いが単語探索時間に及ぼす影響ー紙とタブレット端末を用いてー 心理科学 2012 浮田 潤
欺瞞性認知の要因の男女差~男のウソはなぜバレるか?~ 心理科学 2012 浮田 潤
関連するカテゴリーの写真を用いた指示忘却効果の検討 心理科学 2012 浮田 潤
顔の魅力度の違いが記憶に及ぼす影響ー行動文の再認記憶課題を用いてー 心理科学 2012 浮田 潤
ロジカルメトニミーの理解過程に関する研究 心理科学 2012 浮田 潤
項目の呈示位置は環境的文脈として機能するのかー再認を用いてー 心理科学 2012 浮田 潤
維持リハーサルによる長期記憶への転送は本当に起こるのか?ー画像刺激を用いてー 心理科学 2012 浮田 潤
音楽が記銘単語の記憶促進に与える影響 心理科学 2012 浮田 潤
POP広告が購買行動に及ぼす効果ー思わず買いたくなるメッセージとはー 心理科学 2012 浮田 潤
日本人の英語の習熟度が心的辞書の構造に与える影響 心理科学 2012 浮田 潤
4コマ漫画のユーモア評定と記憶の関係性 心理科学 2012 浮田 潤
同音異義語の意味処理過程に関する研究ー意味的プライミングパラダイムを用いてー 心理科学 2012 浮田 潤
視聴覚作品の印象評定に及ぼす音楽と映像の関係性の影響の検証ー対位法を用いてー 心理科学 2012 浮田 潤
個人の記銘方略が記憶高進生起に与える影響ー聴覚刺激提示を用いてー 心理科学 2012 浮田 潤
親への愛情と理想の異性像への愛情との関連 心理科学 2012 桂田 恵美子
出生順位による性格特性と恋愛意識の関連について 心理科学 2012 桂田 恵美子
幼児期の母子の接触が子どもの非行につながる可能性 心理科学 2012 桂田 恵美子
摂食障害傾向と親子関係・両親の養育態度との関連 心理科学 2012 桂田 恵美子
1~2歳児の愛着と共感性の関連についての実証的研究~共感的行動を指標として~ 心理科学 2012 桂田 恵美子
幼少期および現在の親子間のコミュニケーションと大学生の自尊感情の関連について 心理科学 2012 桂田 恵美子
親子間の愛着と青年期における感情抑制との関連についての研究 心理科学 2012 桂田 恵美子
青年期の愛着スタイルと情動生起の関連性について 心理科学 2012 桂田 恵美子
大学生のきょうだい構成、きょうだい関係と友人関係の関連性について 心理科学 2012 桂田 恵美子
なぜ人は攻撃するのかー攻撃性と愛着スタイル及び防衛機制との関連ー 心理科学 2012 桂田 恵美子
ごっこ遊びと心の理論の関連について 心理科学 2012 桂田 恵美子
大学卒業後のライフコースと性役割観の関連性について 心理科学 2012 桂田 恵美子
幼児の出生順位による性格の違いー母親・父親の養育態度との関連からー 心理科学 2012 桂田 恵美子
中学時代と現在の家庭の食事風景と現在の親子関係との関連 心理科学 2012 桂田 恵美子
異性きょうだい関係と性差観および恋愛行動の関連について 心理科学 2012 桂田 恵美子
家族関係と友人から受けるソーシャル・サポートとの関連についてーFamily System Testを用いてー 心理科学 2012 桂田 恵美子
幼少期の身体接触量と青年期の愛着スタイルおよび就学前の母子関係との関連 心理科学 2012 桂田 恵美子
大学生の親性準備性と子どもの発達に関する知識との関連 心理科学 2012 桂田 恵美子
体性感覚プローブ刺激の呈示位置によるERP成分の違い~より良い刺激呈示位置の模索~ 心理科学 2012 片山 順一
視聴覚において注意を向けていないモダリティの刺激が課題に及ぼす影響 心理科学 2012 片山 順一
映像視聴時の3音オッドボール課題に対するERPの検討 心理科学 2012 片山 順一
高齢者の子育て支援ボランティア継続動機に関する質的研究ー被受容感に着目してー 心理科学 2012 成田 健一
日本プロサッカーリーグにおけるホームアドバンテージの効果ーJ1リーグのデータを用いてー 心理科学 2012 成田 健一
軽音楽バンドにおける集団効力感と演奏不安の関係性について 心理科学 2012 成田 健一
対処的悲観主義者の目標達成のための行動志向性ー自己制御と精神的健康の特徴記述からー 心理科学 2012 成田 健一
自身では制御できないヒトの行動ー視線と口の動きとの関係性からー 心理科学 2012 成田 健一
郵送調査の返信用封筒に反映された日常的な行動の個人差の検討ー調査票のパーソナリティ項目を指標としてー 心理科学 2012 成田 健一
高齢者の心理的居場所感とWell-beingとの関係性ー写真投影法と面接調査法を用いてー 心理科学 2012 成田 健一
成功場面における感謝の表出とウェルビーイングについて 心理科学 2012 成田 健一
応用行動分析を用いたイス直し行動の促進ー感謝の言葉の効果についてー 心理科学 2012 成田 健一
主観的幸福・客観的幸福の関係性と幸福と文化の関係性ー地域による個人主義・集団主義の違いに着目してー 心理科学 2012 成田 健一
遊泳をUSとした味つき水プールによる味覚嫌悪学習ーCS-US同時呈示における条件づけの形成の試みー 心理科学 2012 中島 定彦
ハトにおける楽器弁別形成の試みーハトは管楽器の音を聞き分けることができるかー 心理科学 2012 中島 定彦
ハトにおける音階弁別の訓練ーハトは音階を聞き分けるかー 心理科学 2012 中島 定彦
ラットの米の嗜好についてー世界の米を用いた実験研究ー 心理科学 2012 中島 定彦
回避学習における消去後の復元効果ー強迫行為治療後の再発メカニズムに関する考察ー 心理科学 2012 中島 定彦
タレントの好感度をUSとした商品広告の条件づけーIATによる潜在的態度を指標としてー 心理科学 2012 中島 定彦
励ましによる帰属操作が学習性無力感に与える効果 心理科学 2012 中島 定彦
水泳性味覚嫌悪学習における水温の効果の検討 心理科学 2012 中島 定彦
イヌとヒトのターン行動におけるラテラリティについて 心理科学 2012 中島 定彦
犬のしつけに関する知識テストKBPADの信頼性の検討 心理科学 2012 中島 定彦
心理的特性の競技による違いおよび競技経験による影響ーボクシングとラクロスを対象としてー 心理科学 2012 中島 定彦
ラットに対する慢性砂糖溶液呈示後の剥奪手続きによる条件性風味回避の検討 心理科学 2012 中島 定彦
陳列位置の効果ー質問紙形式の場合ー 心理科学 2012 中島 定彦
清潔感の有無が人物の印象形成に及ぼす効果ー男子学生の写真を用いてー 心理科学 2012 中島 定彦
現代の大学生の食べ物の好みに関する調査ーセンセーション・シーキングとの関連からー 心理科学 2012 中島 定彦
動物に対する印象評価ー恐怖感を喚起する要因の検討ー 心理科学 2012 中島 定彦
大きいことはいいことだー漢字二字熟語の感情評定に及ぼすフォントサイズおよび種類の効果ー 心理科学 2012 中島 定彦
サイクルロードレーサーの心理的競技能力の検証 心理科学 2012 米山 直樹
ストループ課題において背景音が作業効率に与える影響について 心理科学 2012 米山 直樹
課題分析を用いたヴァイオリン演奏練習におけるスキル・トレーニング 心理科学 2012 米山 直樹
ファーストフード店における接客行動のパフォーマンス・マネジメント 心理科学 2012 米山 直樹
音楽聴取が作業効率と情意的側面に及ぼす影響 心理科学 2012 米山 直樹
視覚支援を用いた発達障害児の音楽への参加行動の形成 心理科学 2012 米山 直樹
箸操作訓練における操作対象物および指示方法の効果 心理科学 2012 米山 直樹
競合的他者の存在が自身の体重コントロールに及ぼす影響 心理科学 2012 米山 直樹
注意喚起ポスターによるタバコのポイ捨ての防止方法 心理科学 2012 米山 直樹
自己開示に及ぼす孤独感と傷つき予測、不快情動の回避の影響について 心理科学 2012 米山 直樹
女子大学生における痩身志向と化粧行動との関連 心理科学 2012 米山 直樹
痩身願望と自尊感情および対人恐怖心性との関連 心理科学 2012 米山 直樹
応用行動分析による飲食店での効率的な取り皿の回収方法について 心理科学 2012 米山 直樹
グラフフィードバックと目標設定がクラブにおける出席行動及び意識に与える効果 心理科学 2012 米山 直樹
小学生の英単語書字スキルに及ぼす3C学習法の効果 心理科学 2012 米山 直樹
専門家と非専門家の評議コミュニケーションに関する実験的研究ー専門家の意見表明タイミングと事前意見一致率の影響ー 心理科学 2012 三浦 麻子
不安を喚起させる情報が情報獲得・共有行動に及ぼす影響ー心拍数を指標とする実験的検討ー 心理科学 2012 三浦 麻子
会話場面での表情表出に対する社会的スキルと主観的幸福感の影響 心理科学 2012 三浦 麻子
会話場面における友人に対する行動を規定する要因ー消極的関係維持動機を中心にー 心理科学 2012 三浦 麻子
友人関係の長さと携帯メールの顔文字有無が受け手の不安感に及ぼす影響 心理科学 2012 三浦 麻子
ソーシャルメディアにおける自己開示と主観的幸福感の関係ーFacebookタイムラインの印象評定を用いてー 心理科学 2012 三浦 麻子
性役割意識が異性間の友情に対する考え方に及ぼす影響ー具体的行動の評価に焦点を当ててー 心理科学 2012 三浦 麻子
被服行動に関する自己評価と他者評価ー公的自己意識と共学・女子大による違いー 心理科学 2012 三浦 麻子
ユーモア知覚をもたらす広告の効果ー受け手の外向性・ユニークネスとの関係ー 心理科学 2012 三浦 麻子
失恋ストレスコーピングと性格特性が恋愛依存傾向に及ぼす影響について 心理科学 2012 三浦 麻子
大学生の友人関係の悩みと自己愛・友人への要求・友人獲得との関連 心理科学 2012 三浦 麻子
野球の試合展開とビールの売り上げについてー阪神甲子園球場における販売データを用いてー 心理科学 2012 三浦 麻子
母娘間の依存度における相互認知~ペアデータによる検討~ 心理科学 2012 三浦 麻子
大学生のアサーションが現在・未来の対人関係に及ぼす影響 心理科学 2012 三浦 麻子
「長子ステレオタイプ」的性格と出生順位および家族内呼称方法の関係 心理科学 2012 三浦 麻子
流行採用の速さを決定する心理特性ーメディアの使い方・流行語「ステマ」との関連ー 心理科学 2012 三浦 麻子
社会的比較志向性と自己意識及び自己価値との関連ー社会的比較の機能に着目してー 心理科学 2012 三浦 麻子
大学新入生の携帯メール利用と孤独感ー入学から半年後の変化ー 心理科学 2012 三浦 麻子
コミュニケーション場面での視線行動と気分ー話題の感情価と聞き手の表情と社会的スキルが及ぼす影響ー 心理科学 2012 三浦 麻子
統合失調症の発症リスクと風景構成法の関係について 心理科学 2012 小野 久江
大学生における統合失調症傾向とストレスの関係について 心理科学 2012 小野 久江
抑うつ・不安と自律神経の関係性について 心理科学 2012 小野 久江
睡眠とストレッサー・コーピングの関連について 心理科学 2012 小野 久江
ストレスと痛みの関係性 心理科学 2012 小野 久江
不安とチョコレート摂取の関連性について 心理科学 2012 小野 久江
大学生の不安に対する一過性運動の効果ー不安は運動で軽減しないー 心理科学 2012 小野 久江
大学生における笑顔と抑うつについて 心理科学 2012 小野 久江
ペットの癒しと大学生のうつ症状についてー家庭で犬を飼育する大学生と飼育していない大学生のPOMSの結果の差ー 心理科学 2012 小野 久江
認知症と漢方治療についてー漢方の知識が増えると漢方治療の印象は変わるー 心理科学 2012 小野 久江
大学生におけるVDT作業が自律神経に与える影響について 心理科学 2012 小野 久江
大学生の恋愛関係とアイデンティティ形成について 心理科学 2012 小野 久江
大学生における「喫煙に関しての映像」視聴による禁煙意識の変化ー男女別、不安の強さ別での検討ー 心理科学 2012 小野 久江
孤独感と神経性過食症の関係についてー孤独感を感じるほど神経性過食症の傾向があるのかどうかー 心理科学 2012 小野 久江
観衆の態度がよさこい踊りの運動パフォーマンスに与える社会的促進と抑制の影響に関して 心理科学 2012 佐藤 暢哉
評価条件づけによる商品広告が潜在的態度に与える影響について 心理科学 2012 佐藤 暢哉
多感覚統合における追試的検討 心理科学 2012 佐藤 暢哉
ラットの二重交替反応の獲得における諸手続きの影響 心理科学 2012 佐藤 暢哉
触覚における時間知覚と大脳半球機能の左右差の検討 心理科学 2012 佐藤 暢哉
隠匿情報検査における虚偽返答についての研究ー遅延返答による検討ー 心理科学 2012 佐藤 暢哉
ネガティブな表情が注意をひきつける 心理科学 2012 佐藤 暢哉
絵刺激DRMパラダイムを用いた虚再認の生成に環境的文脈の異同が及ぼす影響 心理科学 2012 佐藤 暢哉
触覚弁別における左右差の検討 心理科学 2012 佐藤 暢哉
思い込みがパフォーマンスに与える影響についての検討 心理科学 2012 佐藤 暢哉
音楽と匂いを文脈に用いた視覚刺激の物理的復元 心理科学 2012 佐藤 暢哉
音楽によるboundary extension 心理科学 2012 佐藤 暢哉
音楽はエピソード記憶の再生再認の手がかりになるのかの検討 心理科学 2012 佐藤 暢哉
ラットの扁桃体損傷による強化子の価値低減効果に関する検討 心理科学 2012 佐藤 暢哉
最後通牒ゲームを用いた瞬目回数が他人に抱く印象へ与える影響 心理科学 2012 佐藤 暢哉
ラットの認知地図の形成と利用 心理科学 2012 佐藤 暢哉
ラットにおける同情による向社会的行動 心理科学 2012 佐藤 暢哉
自己の名前に対する意識、イメージと自己受容の関係 心理科学 2012 大竹 恵子
色彩が課題パフォーマンスに及ぼす影響 心理科学 2012 小川 洋和
外発的注意シフトと眼球運動準備は分離可能か? 心理科学 2012 小川 洋和
刺激の感情価による時間知覚への影響と感覚間相互作用 心理科学 2012 小川 洋和
観察者特性が視線方向の知覚に与える影響 心理科学 2012 小川 洋和
眼由来ポップアウトにおけるプライミング効果 心理科学 2012 小川 洋和
長期記憶が視覚的注意の誘導に及ぼす影響 心理科学 2012 小川 洋和
色・形・意味の連合記憶が視覚探索に及ぼす影響について 心理科学 2012 小川 洋和
課題パフォーマンスの自己評価を指標とした変化の見落としの見落としの検討 心理科学 2012 小川 洋和
表情の変化による顔の記憶と印象への影響 心理科学 2012 小川 洋和
個人随伴性と相互依存型集団随伴性が大学生の英単語テストの成績に及ぼす効果 教育心理学専修 2011 米山 直樹
大学生の私語行動の実態調査-拡充されたリターン・ポテンシャル・モデル(P.R.M.)を用いた規範意識の検討- 心理学専修 2011 松見 淳子
大学生の親子関係と対人距離の関連性 心理学専修 2011 松見 淳子
大学生のタイプA行動パターンとストレスの関係-ストレス対処方略とストレス対処能力からの検討- 心理学専修 2011 松見 淳子
ポジティブ志向と心理的ウェルビーイング(Will-being)および時間的展望との関連 心理学専修 2011 松見 淳子
飲食店ホールスタッフの声かけ行動の形成に対する応用行動分析的アプローチ 心理学専修 2011 松見 淳子
いじめ場面想起における状況判断といじめ関連行動についての検討-立場間比較の観点から- 心理学専修 2011 松見 淳子
合唱団の発声練習における訓練プログラムの考察と実施 心理学専修 2011 松見 淳子
中学生の姿勢改善に対する応用行動分析的アプローチ 家庭場面における個人に対する介入パッケージの効果 心理学専修 2011 松見 淳子
応用行動分析の知識及び支援活動経験と学習支援立案との関係 心理学専修 2011 松見 淳子
下線が文章理解に及ぼす影響について 心理学専修 2011 松見 淳子
子どもの運動教室において応用行動分析的アプローチを用いた集合行動の改善 心理学専修 2011 松見 淳子
相互依存型集団随伴性を用いた介入が補習塾に通う中学生の英単語テストの成績に及ぼす効果 心理学専修 2011 松見 淳子
シンガポール日本人高校生徒の異文化適応について~自我アイデンティティと学校生活満足感の面から~ 心理学専修 2011 松見 淳子
異なる他者に対する自己呈示と文化的自己観および自尊感情の関連性 心理学専修 2011 松見 淳子
他者の表情が引き起こす表情の同調的表出と気分の変化の検証 心理学専修 2011 松見 淳子
韓国の中高生から見た母親の養育態度と学業場面における完璧主義および自己効力感との関係 心理学専修 2011 松見 淳子
表記の親近性がDRMパラダイムにおけるFalse memoryに及ぼす影響 心理学専修 2011 浮田 潤
商品におけるロゴマークの表記形態の違いによる印象と効果 心理学専修 2011 浮田 潤
時間が近い過去におけるに日常的な出来事の記憶についての検討 心理学専修 2011 浮田 潤
アドレスユーザーの年代に適したメールアドレスが印象形成に及ぼす影響 心理学専修 2011 浮田 潤
白人モデル起用における商品イメージの変化~日本人が抱く白人イメージが及ぼす効果~ 心理学専修 2011 浮田 潤
ノートの書き取り方がテキストの内容理解に及ぼす影響 心理学専修 2011 浮田 潤
ファーストネームでも起こるBaker-baker効果 心理学専修 2011 浮田 潤
音楽聴取が作業遂行に及ぼす影響 心理学専修 2011 浮田 潤
感情が時間評価に与える影響-待ち課題と計算課題を用いて- 心理学専修 2011 浮田 潤
合気道の正面打ち入り身投げにおける行動的コーチングの効果の検討~関西学院大学体育会合気道部編~ 心理学専修 2011 浮田 潤
ポジティブ感情が色彩の再認に与える影響 心理学専修 2011 浮田 潤
文字の形態的側面が仮名の持つイメージに与える影響-ひらがなとカタカナを用いて- 心理学専修 2011 浮田 潤
情緒的情報を含めた未来想像が後の再生に与える影響-ネガティブ情報・ポジティブ情報間での比較- 心理学専修 2011 浮田 潤
教示の有無で絵画の印象は変わるのか-線遠近法の歪みに関する情報- 心理学専修 2011 嶋崎 恒雄
心地よいテンポに合わせたタッピングが商品の評価に与える影響について 心理学専修 2011 嶋崎 恒雄
選択課題の繰り返しによる確実性効果の減少-期待効用理論とプロスペクト理論の観点から- 心理学専修 2011 嶋崎 恒雄
皮膚電気条件づけにおける獲得と消去-再固定化中の消去手続きは恐怖記憶を除去できるか?- 心理学専修 2011 嶋崎 恒雄
人物写真に対する評価的条件づけの可能性-無条件刺激に接近・回避行動を用いて- 心理学専修 2011 嶋崎 恒雄
迷信行動と制御幻想の獲得における固定時間スケジュールの効果-オペランダム数と強化率の観点から- 心理学専修 2011 嶋崎 恒雄
思い出せそうで思い出せない入口の広告~広告掲出タイミングが記憶に与える影響~ 心理学専修 2011 嶋崎 恒雄
連続型試行手続きにおける随伴性判断-刺激の高速提示が判断に与える影響- 心理学専修 2011 嶋崎 恒雄
運動技能の学習における自由記述型自己記録と目標設定の影響~Will Sportsとアルペンスキーを対象として~ 心理学専修 2011 嶋崎 恒雄
短期的な形と色の学習が色の見えに及ぼす影響の検討 心理学専修 2011 片山 順一
化粧が顔認知に及ぼす影響について:事象関連脳電位・正答率・反応時間を指標として 心理学専修 2011 片山 順一
表情筋筋電図を用いて快感情の分類はできるか 心理学専修 2011 片山 順一
P300を指標とした記銘時期の異なる記憶の弁別 心理学専修 2011 片山 順一
自己および他者への評価が抑うつに及ぼす影響について-J.S.Beckの認知理論を用いて- 心理学専修 2011 成田 健一
自己複雑性の測定の試み-Will-Beingと対人関係との関連から- 心理学専修 2011 成田 健一
喚起された気分が向社会的行動に及ぼす影響-受容と拒絶の観点から- 心理学専修 2011 成田 健一
母親が大学生の子どもの交友関係に抱く感情-嫉妬と親子関係の関連について- 心理学専修 2011 成田 健一
抑うつに及ぼす抑うつスキーマおよび自尊感情の効果について-顕在的自尊感情と潜在的自尊感情の2側面から- 心理学専修 2011 成田 健一
感性指向製品への関心が生みだすもの-インテリアの持つ自己呈示機能及び性格特性との関連から- 心理学専修 2011 成田 健一
成人女性の友人との関わり方が協調的幸福感に及ぼす影響-愛着スタイル別に- 心理学専修 2011 成田 健一
状態不安とその対処法がパフォーマンスに与える影響について-射撃を通して- 心理学専修 2011 成田 健一
ネコは自分の名前を認識しているのか-多頭飼いのネコを用いた研究- 心理学専修 2011 中島 定彦
ラットに対する慢性ニコチン呈示後の剥奪手続きによる条件性風味回避の追試的検討 心理学専修 2011 中島 定彦
現代の日本の大学生におけるクレジットカード効果の検討 心理学専修 2011 中島 定彦
ラットに対する慢性アルコール呈示後の剥奪手続きによる条件性風味回避の追試的検討 心理学専修 2011 中島 定彦
猫とティッシュ・ティッシュと猫-商品広告の条件づけにおける順序の効果について- 心理学専修 2011 中島 定彦
国家試験における正答位置の分布に関する調査 心理学専修 2011 中島 定彦
犬の存在は人物の印象を良くするのか 心理学専修 2011 中島 定彦
センター試験の正当はセンターにあるのか 心理学専修 2011 中島 定彦
アニマルグッズセラピーは有効か-生理・心理指標による検討- 心理学専修 2011 中島 定彦
Morris水迷路におけるラットの空間学習-プール移動による場所手がかりの効果と血糖値測定の予備的研究- 心理学専修 2011 中島 定彦
ハトにおける音声弁別-ハトはヒトの声を聞き分けられるか- 心理学専修 2011 中島 定彦
ラットの味覚嫌悪条件づけにおける自発的回復-系統的脱感作と消去による検討- 心理学専修 2011 中島 定彦
単語学習におけるイラストの効果-イラストが学習を妨げる?- 心理学専修 2011 中島 定彦
異性に対する愛情・好意-“男らしさ”・“女らしさ”との関係性- 心理学専修 2011 三浦 麻子
ニュース接触、メディア・リテラシー、批判的思考態度が政治意識に及ぼす影響-選挙期間と平時における差異- 心理学専修 2011 三浦 麻子
共感性と親和動機がブログにおけるコメント行動に及ぼす影響-読者視点による検討- 心理学専修 2011 三浦 麻子
ソーシャルネットワーキングサービスにおけるプロフィール画像を手掛かりとする利用者の性格推測-Twitterのアイコンを用いて- 心理学専修 2011 三浦 麻子
対人コミュニケーションにおける自尊感情とアイコンタクト表出の関連-非接触型アイマークレコーダを用いて- 心理学専修 2011 三浦 麻子
対人コミュニケーションにおける「聞き上手」の言語・非言語的特徴に関する実験的研究 心理学専修 2011 三浦 麻子
インターネット・コミュニケーションが社会的寛容性に与える影響-「スマートフォン」はプラス?マイナス?- 心理学専修 2011 三浦 麻子
ブログにおける作者の指向性・自意識・感情表出の関連 心理学専修 2011 三浦 麻子
TPOに応じた化粧-場違いな化粧、していませんか?- 心理学専修 2011 三浦 麻子
マルチプレイテレビゲームにおいて相手プレイヤの態度が対人認知に与える影響-協力と競争の違い- 心理学専修 2011 三浦 麻子
陸上競技のリレー種目における影響度認知と社会的促進-実験室を飛び出して- 心理学専修 2011 三浦 麻子
音楽聴取動機とパーソナリティ・知的好奇心の関連 心理学専修 2011 三浦 麻子
個人・団体スポーツ競技者における文化的自己観・心理的競技能力・目標志向性 心理学専修 2011 三浦 麻子
コミュニケーション場面における真偽の判断手がかりに関する実験的研究-真実にもスポットを- 心理学専修 2011 三浦 麻子
False memoryの生成と不安特性との相関関係の検討 心理学専修 2011 佐藤 暢哉
ラットを用いた再固定時の消去手続きによる自発的回復の抑制 心理学専修 2011 佐藤 暢哉
ラットのアルコール依存形成におけるジアゼパムの影響 心理学専修 2011 佐藤 暢哉
歌の模倣行動に関する研究 心理学専修 2011 佐藤 暢哉
視聴覚情報統合における大脳半球機能差の検討 心理学専修 2011 佐藤 暢哉
筋弛緩訓練による気分変化の検討 アメリカンフットボールのパフォーマンスに注目して 心理学専修 2011 佐藤 暢哉
大学生における仮想的有能感の高さと内的作業モデルとの関連性について 教育心理学専修 2011 中澤 清
弓道から見る集中力と不安について~心理的スキルとしての集中力~ 教育心理学専修 2011 中澤 清
大学生の依存欲求が幼少期の親への愛着から受ける影響 教育心理学専修 2011 中澤 清
アマチュア物書きにおけるコーピングと自己肯定意識の特性について 教育心理学専修 2011 中澤 清
ネガティブな思い出が語りによってどのように影響されるか 思い出に影響する共感的な傾聴に関して 教育心理学専修 2011 中澤 清
肉食系女子の恋愛依存傾向について 教育心理学専修 2011 中澤 清
格闘技者におけるスランプと抑うつについて 教育心理学専修 2011 中澤 清
大学生のギャンブル行動と時間的展望に関する調査 教育心理学専修 2011 中澤 清
被服関心と自己愛傾向の関連について 教育心理学専修 2011 中澤 清
失恋コーピングとその後の心理的変化の関係性について 教育心理学専修 2011 中澤 清
自尊感情の安定性と場面による自尊感情の関連について 教育心理学専修 2011 中澤 清
恋愛マネジメントに関する研究 ―ドラッカー理論から― 教育心理学専修 2011 中澤 清
自己価値の随伴性と自尊感情の不安定性に関する研究 教育心理学専修 2011 中澤 清
仮想的有能感と自尊感情、対人恐怖心性の関係について 教育心理学専修 2011 中澤 清
喫煙行動とストレス反応の関連について 教育心理学専修 2011 中澤 清
大学生の自尊感情支柱の重点と男女の性差 教育心理学専修 2011 中澤 清
依存性とジェンダーが恋愛対象の好みに与える影響について 教育心理学専修 2011 中澤 清
親性準備性と乳児の泣き声に対する反応の関連について 教育心理学専修 2011 桂田 恵美子
子どもの創造性と家庭環境の関連ついて 教育心理学専修 2011 桂田 恵美子
大学生とその父親・母親における性役割の関連について 教育心理学専修 2011 桂田 恵美子
青年期におけるレジリエンスと愛着との関連 教育心理学専修 2011 桂田 恵美子
大学生の親準備性 ―乳幼児接触経験や親子関係との関連― 教育心理学専修 2011 桂田 恵美子
青年期の愛着スタイルと不安喚起場面における初対面の人に対する行動 教育心理学専修 2011 桂田 恵美子
成人愛着スタイルと自立・社会的スキルとの関連 教育心理学専修 2011 桂田 恵美子
音環境と自己開示の関係 教育心理学専修 2011 米山 直樹
大学生における対人ストレスイベントに対する嫌悪感と対人ストレスコーピングの関連 教育心理学専修 2011 米山 直樹
目標志向性の高低と評価構造が大学生の課題に対する動機づけに与える効果 教育心理学専修 2011 米山 直樹
対人恐怖傾向が化粧行動、化粧効用認知に与える影響 教育心理学専修 2011 米山 直樹
大学生の認知する現在の家族機能と過剰適応傾向の関連性について 教育心理学専修 2011 米山 直樹
ホラー映画が与える恐怖への苦手意識とパーソナリティー特性の関連性について 教育心理学専修 2011 米山 直樹
大学生における「準ひきこもり」の捉え方について 教育心理学専修 2011 米山 直樹
大学生における対人不安意識の形成要因について ―児童期の生育環境が及ぼす影響― 教育心理学専修 2011 米山 直樹
大学生の就職活動ストレスとソーシャルサポート ~就職活動経験者と未経験者との意識の違い~ 教育心理学専修 2011 米山 直樹
応用行動分析により、喫煙行動を減らす 教育心理学専修 2011 米山 直樹
携帯メールによる孤独不安について 教育心理学専修 2011 米山 直樹
自己効力感と両親の養育態度や影響、及び家庭の雰囲気との関係 教育心理学専修 2011 米山 直樹
大学生の居住形態の違いによる ストレス・ソーシャルサポートと精神的健康度の関係 教育心理学専修 2011 米山 直樹
音楽の好みとリラクセーション効果の関係性 教育心理学専修 2011 米山 直樹
大学生の感情コーピングが抑うつに及ぼす影響 -コーピングによる効果に対する意識と行動のずれは抑うつに影響を及ぼすのか- 教育心理学専修 2011 米山 直樹
柔道の技の指導における行動的コーチングの効果 教育心理学専修 2011 米山 直樹
自己決定権の有無と宿題が内発的動機づけに及ぼす影響について 教育心理学専修 2011 米山 直樹
大学生の自己愛傾向と抑うつについて 教育心理学専修 2011 小野 久江
大学生の不安と親子関係の捉え方について 教育心理学専修 2011 小野 久江
大学生の自殺に対する意識と不安について 教育心理学専修 2011 小野 久江
大学生の運動習慣と抑うつの関係について 教育心理学専修 2011 小野 久江
非定型うつ病に対する考え方と抑うつの関係 教育心理学専修 2011 小野 久江
大学生の自己評価と抑うつの関連について 教育心理学専修 2011 小野 久江
抑うつ傾向が楽曲評価に与える影響について 教育心理学専修 2011 小野 久江
大学生の家族機能と抑うつの関係 教育心理学専修 2011 小野 久江
心理系大学院生における注意欠陥・多動性障害(AD/HD: Attention Deficit / Hyperactivity Disorder)の薬物療法意識調査 教育心理学専修 2011 小野 久江
大学生における完全主義と抑うつおよびメランコリー親和型性格の関連性について 教育心理学専修 2011 小野 久江
大学生のストレスとソーシャルサポートについて 教育心理学専修 2011 小野 久江
大学生の精神疾患に対する社会的距離と精神的健康との関連について 教育心理学専修 2011 小野 久江
大学生における他者依存と抑うつの関係について 教育心理学専修 2011 小野 久江
Spiritualityにおける自己超越傾向と精神的健康度について 教育心理学専修 2011 小野 久江
大学生の自尊感情と自己愛傾向の関連について 教育心理学専修 2011 小野 久江
健康状態、ホープ、楽観主義とコーピングスキルの関連性について 教育心理学専修 2011 大竹 恵子
小学生における情動知能が他者感情推測に与える影響 教育心理学専修 2011 大竹 恵子
音楽がポジティブ感情に及ぼす影響について 教育心理学専修 2011 大竹 恵子
親の年収の多寡と大学生の主観的幸福感及び一時的気分の関連について 教育心理学専修 2011 大竹 恵子
大学生の持つポジティブ・イリュージョンと充実感に与える影響 ―達成動機との関連性― 教育心理学専修 2011 大竹 恵子
ポジティブまたはネガティブな感情表出による表出前後の気分状態の変化について 教育心理学専修 2011 大竹 恵子
小学生の情動知能が学校生活に与える影響 教育心理学専修 2011 大竹 恵子
感情表出の制御が友人関係における満足感に及ぼす影響 教育心理学専修 2011 大竹 恵子
大学生のライフイベントにおける自己開示とソーシャル・サポートとの関連 教育心理学専修 2011 大竹 恵子
SOC(Sense of Coherence:首尾一貫感覚)と感謝の強さおよび表現方法についての検討 感謝生起状況と感謝表現方法の男女差を交えて 教育心理学専修 2011 大竹 恵子
小学生における絵本の登場人物の行動および感情理解と情動知能の関連 教育心理学専修 2011 大竹 恵子
大学生が日常生活において感じるストレスと知覚されたソーシャル・サポートとの関連 教育心理学専修 2011 大竹 恵子
スポーツ心理学から学ぶライフスキルの向上と自己啓発 教育心理学専修 2011 大竹 恵子
書作品のフラクタル次元値と主観評価の関係の検討 心理学専修 2010 八木 昭宏
視覚残像に関する一考察-ランダ反応を指標として- 心理学専修 2010 八木 昭宏
マスキング音を加えることによる音環境の変化が作業能率に与える影響 心理学専修 2010 八木 昭宏
聴覚情報によるストループ干渉の生起・要因の検討 心理学専修 2010 八木 昭宏
においの特性が作業パフォーマンスに与える影響について 心理学専修 2010 八木 昭宏
他者の有無が課題遂行に及ぼす影響-ERNを指標として- 心理学専修 2010 片山 順一
体性感覚を用いた無関連プローブ刺激法の検討-現場での応用を想定して- 心理学専修 2010 片山 順一
情動刺激が注意の焦点に及ぼす影響についての検討:事象関連脳電位を指標として 心理学専修 2010 片山 順一
P300を指標とした虚偽検出検査における実行者と情報保持者との差の検討 心理学専修 2010 片山 順一
MMNを指標とした聴覚情報の統合機能に関する研究 心理学専修 2010 片山 順一
人は笑顔への変化に敏感か?-N170成分を指標として- 心理学専修 2010 片山 順一
色光照明が物体色の見えに及ぼす影響 心理学専修 2010 片山 順一
二次元画像と三次元画像の比較による心理特性の研究 心理学専修 2010 片山 順一
水処理現場で使用する機材の段取りの効率化への行動的介入の試み 心理学専修 2010 松見 淳子
慢性疼痛患者の痛みへの対処方略とライフスタイル-カイロプラクティック医院受診患者を対象に- 心理学専修 2010 松見 淳子
書店における看板およびPOP広告が来店者のブックフェアへの接近行動に与える効果の検討 心理学専修 2010 松見 淳子
表情操作による作り笑いが漫画の評定に及ばすポジティブな影響についての検討 心理学専修 2010 松見 淳子
青年期前期(中学生時代)の親子関係と現在の自己との関係-現在の親子関係・自尊感情・対人特性を中心として- 心理学専修 2010 松見 淳子
手や腕へのTouchによる感情伝達の研究-アメリカ人・スペイン人を対象とした先行研究との比較- 心理学専修 2010 松見 淳子
実験者が着用する白衣が実験協力者の課題遂行に与える影響 心理学専修 2010 松見 淳子
組織行動マネジメントを用いた映画館出札スタッフの適切な発券行動の増加 心理学専修 2010 松見 淳子
チアリーディングと剣道における心理的競技能力の検討 心理学専修 2010 松見 淳子
慢性疾患の治療説明への実験的アプローチ-気管支喘息をテーマとして- 心理学専修 2010 松見 淳子
大学生におけるハーディネスと時間的展望の関係について 心理学専修 2010 松見 淳子
大学生の心理的居場所感とインターネット依存傾向の関連 心理学専修 2010 松見 淳子
対人不安と自己開示の関連性-開示相手および性別により異なる自己開示の検討- 心理学専修 2010 松見 淳子
新国際学校卒業生を対象とした大学生活への適応に関する実証的研究-文化的自己観の測定を通して- 心理学専修 2010 松見 淳子
大学スポーツにおけるラクロス審判員の試合中の不安・知識・行動に関する調査~上級審判員と下級審判員の比較~ 心理学専修 2010 松見 淳子
大学生の本来感と自己受容に関する調査研究-特性不安と主観的幸福感との関連- 心理学専修 2010 松見 淳子
園児サッカークラスにおいて先行子操作が準備行動に及ぼす効果の検討 心理学専修 2010 松見 淳子
和服の着付けの改善に対する応用行動分析的アプローチ~大学能楽部に所属する男子学生の紋付袴の着付けを対象として~ 心理学専修 2010 松見 淳子
大学生の社会的スキルに関する調査研究-家族の構成・機能、セルフモニタリング傾向との関連- 心理学専修 2010 松見 淳子
フローと時間経験の歪みについての研究-時間評価・瞬目率を指標として- 心理学専修 2010 嶋崎 恒雄
分割払いの選好と価値割引の度合の関連について 心理学専修 2010 嶋崎 恒雄
家庭教師における英語教育の場面での目標設定とフィードバックが生徒の勉強量の変化におよぼす効果 心理学専修 2010 嶋崎 恒雄
因果学習における手がかり競合の非対称性-順行ブロッキングおよび逆行ブロッキングの検証- 心理学専修 2010 嶋崎 恒雄
商品情報と購買の意思決定に関して:オネストカードをめぐって-正直者は得をするか- 心理学専修 2010 嶋崎 恒雄
迷信行動と制御幻想の獲得における固定時間スケジュールの効果-正と負の強化手続きを用いて- 心理学専修 2010 嶋崎 恒雄
親近性が曖昧性忌避に与える影響について 心理学専修 2010 嶋崎 恒雄
ゲーム事態にプロスペクト理論は適用できるか? 心理学専修 2010 嶋崎 恒雄
自伝的精緻化の要因に関する研究-3つの方向づけ課題を用いて- 心理学専修 2010 浮田 潤
行動が個人の外見的魅力に対する印象に及ぼす影響 心理学専修 2010 浮田 潤
漢字熟語の語彙判断課題におけるプライミング効果-漢字の同一性と音韻の同一性が及ぼす影響- 心理学専修 2010 浮田 潤
文字の形態類似と文脈が誤字検出に及ぼす影響-二字熟語を刺激とした校正課題を用いて- 心理学専修 2010 浮田 潤
競争場面で生じる感情が記憶の想起に及ぼす影響 心理学専修 2010 浮田 潤
これで覚えられる人の顔!~符号化時のイメージ操作方略が顔記憶に及ぼす影響について~ 心理学専修 2010 浮田 潤
入れ替え単語が語彙判断課題に及ぼす影響 心理学専修 2010 浮田 潤
ニオイと言語隠蔽効果-カレーのニオイはどれも同じ?- 心理学専修 2010 浮田 潤
男が化粧?女がヒゲ剃り?-ジェンダースキーマは場面の記憶に影響するか- 心理学専修 2010 浮田 潤
注意禁止教示がfalse memoryの減少に及ぼす効果~「してはいけない」のに「したくなる」のは何故か~ 心理学専修 2010 浮田 潤
日本語と英語の文章記憶における遂語的記憶・意味的記憶の関係について-遂語的教示・意味的教示の有無による再認成績の変化- 心理学専修 2010 浮田 潤
聴覚刺激においてboundary extensionは生じるのか 心理学専修 2010 浮田 潤
集団意思決定における後悔-知人集団と他人集団を比較して- 心理学専修 2010 成田 健一
屈辱感・羞恥感・罪悪感の喚起要因-自己愛および愛着スタイルの観点から- 心理学専修 2010 成田 健一
状況に応じたユーモアコーピングと精神的健康-人は拒絶状況下でもユーモアコーピングを使用できるか- 心理学専修 2010 成田 健一
高校生の目標が学業成績に及ぼす影響-自己調整学習理論に基づく諸要因との関連の検討- 心理学専修 2010 成田 健一
学齢期児の保護者が持つ育児感情と関連要因の検討-環境・保護者・子どもの要因とコーピングの観点から- 心理学専修 2010 成田 健一
フロー生起への活動内容による効果-能動的・受動的活動、個人要因、測定時期による効果の検討- 心理学専修 2010 成田 健一
TVゲームアディクションテスト作成の試み-内省報告・行動指標を手がかりに- 心理学専修 2010 成田 健一
成人後期における自己超越の検討-Well-being、パーソナリティとの関連から- 心理学専修 2010 成田 健一
思いやりとパーソナリティの関連について-TCI-Rを用いた思いやり意図の規定因の検討- 心理学専修 2010 成田 健一
犬の幼稚園を通して見る、飼い主と犬の関係 心理学専修 2010 中島 定彦
集団選択場面におけるIFD理論-獲得状況と損失状況- 心理学専修 2010 中島 定彦
雑誌における商品広告の配置の効果-広告・モデルは左右どちらにあるべきか- 心理学専修 2010 中島 定彦
ハトにおける音楽弁別-弁別手がかりの再検討- 心理学専修 2010 中島 定彦
人は何を手がかりとして飼い主と犬の顔が似ていると判断するのか 心理学専修 2010 中島 定彦
投影法人格検査を用いた言語条件づけ-人格検査として実施した場合と基礎心理学実験として実施した場合の比較- 心理学専修 2010 中島 定彦
猫と対呈示したティッシュは柔らかいか-商品広告の条件づけ- 心理学専修 2010 中島 定彦
“系統的脱感作法”でラットにおけるrenewal効果を防げるか-不安障害の再発に関する臨床的示唆- 心理学専修 2010 中島 定彦
ラットはコカ・コーラとペプシコーラの味を弁別できるのか? 心理学専修 2010 中島 定彦
壮年期のラットとデグーにおける時間弁別学習 心理学専修 2010 中島 定彦
アニメ映像の視聴が感情状態に与える効果 心理学専修 2010 佐藤 暢哉
ギャンブルに「はまりやすい」人の性格特性-修正日本版SOGSによる検討- 心理学専修 2010 三浦 麻子
携帯メールにおける絵文字付与が受け手の不安感情に及ばす影響 心理学専修 2010 三浦 麻子
日本人大学生の同性愛者に対する顕在的・潜在的態度の差異と社会的寛容性 心理学専修 2010 三浦 麻子
行動基準が信号無視の生起に及ぼす影響の検討 心理学専修 2010 三浦 麻子
自己評価の高低と寮生活の捉え方との関係に関する研究 心理学専修 2010 三浦 麻子
インターネット依存傾向と攻撃行動、および孤独感の関係の検討 心理学専修 2010 三浦 麻子
ラクロスはなぜマイナーなのか 心理学専修 2010 三浦 麻子
手洗いによる認知的不協和低減の効果に関する研究 心理学専修 2010 三浦 麻子
大学生の独自性欲求と被服行動 心理学専修 2010 三浦 麻子
大学生における心理的well-beingと自分自身についての感覚との関連-本来感と優越感との観点から- 心理学専修 2010 三浦 麻子
大学新入生の犯罪不安に関する研究-活動地域に対する愛着、時間経過との比較- 心理学専修 2010 三浦 麻子
草食男子と肉食女子に関する研究-対人認知の三次元を指標として- 心理学専修 2010 三浦 麻子
社会的ジレンマ状況における戒めと報復のサンクションの効果 心理学専修 2010 三浦 麻子
大学生の将来理想とする養育態度―被養育体験と現在の親子関係の関連性について― 教育心理学専修 2010 桂田 恵美子
抑うつと罪悪感特性との相関について 教育心理学専修 2010 小野 久江
ポジティブ感情がスポットライト効果の人数推測に及ぼす影響について 教育心理学専修 2010 大竹 恵子
ストレス対処比較研究ー信仰をもっている人と信仰をもってない人を中心にー 教育心理学専修 2010 中澤 清
大学生の性役割意識とキャリア意識の関連性 教育心理学専修 2010 桂田 恵美子
舞台に立つ演劇・音楽の活動をする学生の自己肯定意識と没入傾向の比較 教育心理学専修 2010 米山 直樹
若者のピアッシング行為と自己愛性・自己の確立性・対人依存性・対人恐怖の関連性について 教育心理学専修 2010 米山 直樹
女性の色の好みとパーソナリティ~ファッションにおける研究~ 教育心理学専修 2010 中澤 清
初対面時の行動と、青年期の愛着スタイルとの関連 教育心理学専修 2010 桂田 恵美子
大学生におけるふれ合い恐怖的心性と抑うつの関係について 教育心理学専修 2010 小野 久江
ボランティアにおけるストレス認知とストレス反応、自己効力感に対するディスカッション及びロールプレイの効果 教育心理学専修 2010 米山 直樹
大学生の対人愛着スタイルと「一人でいられる能力」の関係 教育心理学専修 2010 桂田 恵美子
化粧が対人恐怖と精神的健康に及ぼす効果についての研究 教育心理学専修 2010 中澤 清
笑いを提供する人と抑うつの関係について 教育心理学専修 2010 小野 久江
大学生の身体活動量と抑うつの関係について 教育心理学専修 2010 小野 久江
自己受容と恋愛依存 教育心理学専修 2010 中澤 清
大学生の生活習慣と抑うつの関係について 教育心理学専修 2010 小野 久江
大学生の社会的自己制御能力がストレスに及ぼす影響について 教育心理学専修 2010 中澤 清
青年期後期における友人関係と抑うつとの関連について 教育心理学専修 2010 小野 久江
大学生におけるうつ病の捉え方および抑うつとの関係について 教育心理学専修 2010 小野 久江
恋愛類型と恋愛依存傾向の関連性~大学生を対象にして~ 教育心理学専修 2010 桂田 恵美子
PAGETOP