HOME > 研究業績 > 論文

論文

研究者名 年月 タイトル
Spates, R. C., Samaraweera, N., Plaisier, B., Souza, T., & Otsui, K. 2007 Psychological impact of trauma on the developing children and youth. Primary Care: Clinics in Office Practice, 34, 387-405.
Shishimi, G., & Nakajima, S. 2007 Contextual control of rats’ foraging behaviour in a radial maze. Behavioural Processes, 74, 97-103.
堀川雅美・八木昭宏 2007 スポーツ場面におけるプレッシャーによる心理生理的影響とパフォーマンスの関係. 人文論究(関西学院大学人文学会), 57, 47-60.
竹島克典・松見淳子 2007 子どもの抑うつ:対人・行動的アプローチによる研究の概観. 人文論究(関西学院大学人文学会), 57, 61-81
道城裕貴・松見淳子 2007 通常学級において「めあて&フィードバックカード」による目標設定とフィードバックが着席行動に及ぼす効果. 行動分析学研究, 20, 118-128.
道城裕貴 2007 特別支援教育における行動分析学の実践的検討. 行動分析学研究, 21, 24-29.
田中善大・嶋崎恒雄 2007 行動としての認知・言語-高次精神活動の行動分析的検討-. 人文論究(関西学院大学人文学会), 57(1), 32-51.
三田村仰・横田正夫 2007 アサーティブ傾向と対人不安における選択的注意の関連についての研究. 日本大学文理学部心理臨床センター紀要, 4, 43-50.
寺尾将彦・渡邊淳司・八木昭宏・西田眞也 2007 時間間隔知覚の短縮はサッカードなしでも起こる. Vision, 19, 111-114.
大対香奈子・松見淳子 2007 幼児の他者視点取得、感情表出の統制、対人問題解決と保育士による社会的スキルの評価の予測. 社会心理学研究, 22, 223-233.
木戸盛年・嶋崎恒雄 2007 修正日本語版South Oaks Gambling Screen(SOGS)の信頼性・妥当性の検討. 心理学研究, 77, 547-552.
水澤慶緒里・中澤清 2007 要求度-裁量度-支援度モデルにもとづく家事ストレス,育児ストレスの研究. 臨床教育心理学研究(関西学院大学), 33, 43-54.
大対香奈子・大竹恵子・松見淳子 2007 学校適応アセスメントのための三水準モデル構築の試み. 教育心理学研究, 55, 135-151.
Imura, T., Tomonaga, M., Yamaguchi, M. K., & Yagi, A. 2006 Perception of object’s motion trajectory from moving cast shadow in human and Japanese macaque (Macaca fuscata) infants, and an adult chimpanzee (Pan troglodytes). 基礎心理学研究, 25, 121-122.
Otake, K., Shimai, S., Tanaka-Matsumi, J., Otsui, K., & Frederickson, B. L. 2006 Happy people become happier through kindness: A counting kindness intervention. Journal of Happiness Studies, 7, 361-375.
Masaki, T., & Nakajima, S. 2006 Taste aversion in rats induced by forced swimming, voluntary running, forced running, and lithium chloride injectiontreatments. Physiology & Behavior, 88, 411-416.
Imura, T., Yamaguchi, M.K., Kanazawa, S., Shirai, N., Otsuka, Y., Tomonaga, M., & Yagi, A. 2006 Perception of motion trajectory of object from the moving cast shadow in infants. Vision Research, 46, 652-657.
三田村仰・横田正夫 2006 アサーティブ行動阻害の要因について:対人恐怖心性からの検討. パーソナリティ研究, 15, 55-57.
道城裕貴・松見淳子 2006 母親との協力による視覚的プロンプトを用いた発達障害児への引き算の指導. 特殊教育学研究, 44, 137-144.
玉越勢治・高橋励・寺尾将彦・澤井大樹・今西明・森本文人・八木昭宏・片寄晴弘 2006 fNIRSを用いた対戦型ゲームのエンタテインメント性の初期的検討: 対人間と対コンピュータにおける比較. IPSJ SIG Technical Reports, 24, 35-42.
道城裕貴・松見淳子 2006 大学・地域と連携した学校支援の応用行動分析的モデルの検討. 人文論究(関西学院大学人文学会), 56(2), 19-34.
玉越勢治・八木昭宏 2006 ミスマッチ陰性電位と聴覚情報処理. 人文論究(関西学院大学人文学会), 56(2), 1-17.
Nakama-Kitamura, M. 2005 The N-Methyl-D-aspartate receptor antagonist dizocilpine inhibits associative tolerance to morphine in mice: relation with memory. Journal of Pharmacological Science, 97, 75-82.
Masaki, T., & Nakajima, S. 2005 Further evidence for conditioned taste aversion induced by forced swimming. Physiology & Behavior, 84, 9-15.
Noritake A., Watanabe J., Ando H., Terao M., & Yagi A. 2005 Spatial independency in perceived lengths of saccade-induced image. Psychologia, 48, 146-153.
Noritake, A., Kazai, K., Terao, M., & Yagi, A. 2005 A continuously lit stimulus is perceived to be shorter than a flickering stimulus during a saccade. Spatial Vision, 18, 297-316.
Kazai, K., Abe, Y., Yagi, A., Nakano, T., Higuchi, K., & Yamamoto, S. 2005 Eye-fixation related potential to stimuli simulating the vision of an older adult. Psychologia, 48, 120-126.
Nakajima, S., & Nagaishi, T. 2005 Summation of latent inhibition and overshadowing in a generalized bait shyness paradigm of rats. Behavioural Processes, 69, 369-377.
Fujimoto, K., & Yagi, A. 2005 Motion illusion in video images of human movement. Lecture Notes in Computer Science 3711, 531-534.
Yagi, A., Fujimoto, K., Takahashi, T., Noritake, A., Iwai, M., & Suzuki, N. 2005 Development of a system to measure visual function of the brain for assessment of entertainment. Lecture Notes in Computer Science 3711, 99-105.
大対香奈子・野田航・横山晃子・松見淳子 2005 小学1年生に対する学習時の姿勢改善のための介入パッケージの効果:学級単位での行動的アプローチの応用. 行動分析学研究, 20, 28-39.
伊村知子・八木昭宏 2005 陰影からの3次元形状知覚における2つの制約. 人文論究(関西学院大学人文学会), 55(2), 61-74.
荘厳(赤尾)依子 2005 同画探索(MFF)テストを用いた幼児の衝動性-熟慮性の測定. 発達研究, 19, 139-150.
本岡寛子・林敬子 2005 神経性過食症へ認知行動療法を適用した1症例. 臨床精神医学, 34, 225-237.
一言英文・松見淳子・大竹恵子 2005 日本人大学生の人生満足感に関する探索的検討. 行動科学, 44, 13-20.
鈴木まや・八木昭宏 2005 ニオイの嗜好と忌避をもたらす心理学的機構. Aroma Research, 6(1), 24-31.
今西明・雄山真弓 2005 モニタ監視作業における判断・操作ミス測定のためのシステム開発とその応用. 情報科学技術レターズ, 4, 253-256.
PAGETOP