HOME > 研究業績 > 論文

論文

研究者名 タイトル
Kimura, T., & Katayama, J.

in press

Regularity of approaching visual stimuli influences spatial expectations for subsequent somatosensory stimuli. Experimental Brain Research.
Inoue, K., & Sato, N.

2017

Valuation of go stimuli or devaluation of no-go stimuli? Evidence of an
increased preference for attended go stimuli following a go/no-go task. Frontiers in Psychology, 8, 474.
高橋伸彰・箕浦有希久・成田健一

2017

Web調査におけるSatisficing回答者の基本属性: 調査年・調査会社の比較から. 関西学院大学 心理科学研究,43,19-24.
箕浦有希久・成田健一

2017

自尊感情の複数回測定とその展望―測定方法と研究目的に注目して―. 関西学院大学心理科学研究, 43, 1-18.
登日温子・成田健一

2017

上手なあきらめができる人―社会的認知学習理論からあきらめ現象を捉える―. 関西学院大学心理科学研究, 43, 75-84.
森香織・桂田恵美子

2017

両親の夫婦関係が子供の結婚願望に及ぼす影響について-両親の結婚生活コミットメント及び夫婦仲に注目して―. 関西学院大学心理科学研究, 43,25-32.
辻道英里奈・植田瑞穂・桂田恵美子

2017

大学生の向社会的行動および共感性と親子関係との関連. 関西学院大学心理科学研究, 43,49-54.
吉岡映理・桂田恵美子

2017

大学生の性役割観・性役割的性格特性とファッション意識の関連について. 関西学院大学心理科学研究, 43,67-74.
三浦麻子・稲増一憲・中村早希・福沢愛 in press 地方選挙における有権者の政治行動に関連する近接性の効果:空間統計を活用した兵庫県赤穂市長選挙の事例研究. 社会心理学研究, 32(3).
三浦麻子

2017

市民生活における人の気づき―政治的意思決定を例に―. 情報処理, 58(4), 291-294.
竹谷怜子・矢野美琴・小野久江

2017

アルコール代謝遺伝子型を用いた学生の酒害教育. 関西学院大学心理科学研究, 43, 1-5.
長島祐美子・竹谷怜子・小野久江

2017

筆記表現法が大学生の心的外傷後ストレス反応に与える効果. 関西学院大学心理科学研究, 43, 7-10.
小野久江

2017

漫画小冊子を用いた大学生の自殺予防実践研究 .人文論究,66(3),57-67.
荒岡茉弥・米山直樹

2017

自閉スペクトラム症児に対する宣言言語・要求言語の自発の促進に関する研究.関西学院大学心理科学研究,43,41-48.
文瑞穂・米山直樹

2017

自閉スぺクトラム症児に対する構造化を用いた介入 ―音楽の模擬授業場面を対象に―.関西学院大学心理科学研究.,43,33-39.
杉原聡子・米山直樹

2017

目標行動選定用シートを用いた短縮版ペアレント・トレーニングの試み. 人文論究, 67(1).
Takebe, M., Takahashi, F., & Sato, H. 2016

 Anger rumination as a risk factor for trait anger and anger-in: A longitudinal study. Personality and Individual Differences, 101, 451-455.

Kobayashi, T., Miura, A., & Inamasu, K. in press

Media priming effect: A preregistered replication experiment. Journal of Experimental Political Science.

Miura, A., & Kobayashi, T. 2016

Survey Satisficing Inflates Stereotypical Responses in Online Experiment: The Case of Immigration Study. Frontiers in Psychology.

Murayama, A., & Miura, A. 2016

Two types of justice reasoning about good fortune and misfortune: A replication and beyond. Social Justice Research.

Tamakoshi, S., Minoura, N., Katayama, J., & Yagi, A. 2016

Entire sound representations are time-compressed in sensory memory: Evidence from MMN. Frontiers in Neuroscience, 10, 347.

 Watanabe, K., Harada, E., Inoue, T., Tanji, Y., Kikuchi, T.

 2016

Perceptions and imact of bipolar disorder in Japan: results of an Internet survey,Neuropsychiatric Disease and Treatment, Accepted 5 August.

 Saito-Tanji, Y., Tsujimoto, E., Taketani, R., Yamamoto, A., Ono, H.  2016

Effectiveness of Simple Individual Psychoeducation for Bipolar II Disorder. Case Reports in Psychiatry, 2016, 6062801.

Tsujii, N., Mikawa, W., Tsujimoto, E., Akashi, H., Adachi, T., Kirime, E., Shirakawa, O. 2016

Relationship between prefrontal hemodynamic responses and quality of life differs between melancholia and non-melancholic depression. Psychiatry Research: Neuroimaging, 253, 26-35.

Matsumura, N., Miura, A., Komori, M., & Hiraishi, K. in press Media and sentiments in the Great East Japan Earthquake related Tweets – Social media as “meta media”–. International Journal of Knowledge Society Research, ,.
Tabuchi, M., & Miura, A. 2016 Intergenerational interactions when transmitting wisdom from older to younger generations. Educational Gerontology, 42(8), 585-592.
Takebe, M., Takahashi, F., & Sato, H. 2016 Anger rumination as a risk factor for trait anger and anger-in: A longitudinal study. Personality and Individual Differences, 101, 451-455.
Otake, K., & Kato, K. 2016 Subjective happiness and emotional responsiveness to food stimuli.Journal of Happiness Studies, 17, 1-18.
Niwayama, K. & Tanaka-Matsumi, J. 2016 Promoting social interactions and responses to peer initiations of a child with autism spectrum disorder. Psychology. 7, 877-884.
Nakajima, S. 2016 Running induces nausea in rats: Kaolin intake generated by voluntary and forced wheel running. Appetite, 106, 85-94.
Nakajima, S., Kuramoto, Y., & Nagaishi, T. 2016 Position learning of degus (Octodon degus) in a semi-natural “counting” task. Gakuin Humanities Review, 20, 1-4.
Tabuchi, M., Kamiariya, M., & Miura, A. 2016 Does interpersonal regulatory fit affect Intergenerational communication?: Elder advice and younger gratitude. Letters on Evolutionary Behavioral Science,7(1),1-4.
Kimura, K., & Katayama, J. 2016 Cooperative context is a determinant of the social influence on outcome evaluation: An electrophysiological study . International Journal of Psychophysiology, 100, 28-35.
伏田幸平・片山順一

2016

身体的魅力に対する注意の時間的推移. 人文論究, 66(3), 25-45.
庭山和貴・松見淳子

2016

自己記録手続きを用いた教師の言語賞賛の増加が児童の授業参加行動に及ぼす効果―担任教師によるクラスワイドな“褒めること”の効果―.教育心理学研究,64(4),598-609.
栗林千聡・佐藤寛

2016

 硬式テニスのファーストサービス成功率の改善に自己記録と自己目標設定を用いた介入の有効性. 人文論究, 66 (3), 47-55.
加藤美朗・嶋﨑まゆみ・松見淳子

2016

スミス・マゲニス症候群の行動問題に対する理解と発達支援の検討. 発達心理学研究, 27, 243-256.
庭山和貴・松見淳子 2016 プロンプトによる教師の注目の増加が通常学級に在籍する自閉症スペクトラム障害のある児童の授業参加に及ぼす効果. 行動分析学研究,31(1),55-62.
仲嶺実甫子・佐藤寛・山本美希・佐藤正二 2016 主張性における自己表明と他者配慮が児童の抑うつ症状に与える影響. 認知療法研究, 9, 170-177.
山蔦圭輔・佐藤寛・笹川智子・山本隆一郎・中井義勝・野村忍 2016 女子学生を対象とした新版食行動異常傾向測定尺度の開発. 心身医学, 56, 737-747.
武部匡也・佐藤寛 2016 データ付きポスター掲示によるたばこの不適切投棄の軽減効果. 禁煙科学, 10 (5), 1-7.
村山綾・三浦麻子 印刷中 刑事事件の元被告人に対するフォルスアラーム効果. 認知科学, 24(2)
小國龍治・大竹恵子 印刷中 児童用強み認識尺度と児童用強み活用感尺度の作成及び,信頼性と妥当性の検討. パーソナリティ研究
丹治由佳・片桐秀晃・竹綱正典・植田要・山田和男 2016 双極Ⅱ型障害における躁症状に対するolanzapineの安全性と有効性についての検討──双極性障害における躁症状を対象とした特定使用成績調査の部分集団解析結果.臨床精神薬理,19(9),1329-1338.
丹治由佳・原田英治・藤越慎治・植田要・片桐秀晃 2016 Olanzapine投与を開始した急性期双極性障害患者の臨床経過──48週間非介入コホート観察試験.臨床精神薬理,19(8),1209-1223.
齊藤(丹治)由佳・竹谷怜子・辻本江美・山本亞実・小野久江 2016 患者と薬剤師が交互にテキストを音読する個人心理教育手法を用いた服薬指導-双極Ⅱ型障害患者の一例-.日本ファーマシューティカルコミュニケーション学会会誌,14(2),13-21.
箕浦有希久・成田健一 2016 2項目自尊感情尺度を用いた状態自尊感情の測定―実験的に操作された場面想定法による妥当性の検討―.パーソナリティ研究,25(2),151-153.
友永雅己・三浦麻子・針生悦子 2016 巻頭言 心理学の再現可能性:我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか ―特集号の刊行に寄せて―.心理学評論,59,1-14.
三浦麻子・小林哲郎 2016 オンライン調査における努力の最小限化(Satisfice)傾向の比較:IMC違反率を指標として.メディア・情報・コミュニケーション研究,1,28-42.
三浦麻子・楠見孝・小倉加奈代 2016 福島第一原発事故による放射能災害地域の食品に対する態度を規定する要因:4波パネル調査による検討.社会心理学研究,32(1),10-21.
山蔦圭輔・佐藤寛・笹川智子・山本隆一郎・中井義勝・野村忍 2016 女子学生を対象とした新版食行動異常傾向測定尺度の開発.心身医学,56(7), 737-747.
仲嶺実甫子・佐藤寛・山本美希・佐藤正二 2016 主張性における自己表明と他者配慮が児童の抑うつ症状に与える影響.認知療法研究,9(2), 170-177.
鈴木麻希・永井成美・大竹恵子 2016 HAQ-Cで評価した小学生の攻撃性と心臓自律神経活動、食生活、運動習慣の関連.子どもと心のからだ日本小児心身医学会雑誌,25(3),202-211.
小林正法・服部陽介・上野泰治・川口潤 2016 日本語版Thought Control Ability Questionnaireの作成及び信頼性・妥当性の検討.心理学研究,87(4),405-414.
大森駿哉・片山順一 2016 行動・生理指標を用いたポジティブ感情の機能や状態の解明 : 拡張-形成理論とフローを中心として.人文論究(関西学院大学文学部紀要),66(1),51-68.
佐藤寛 2016 子どもの精神療法:認知行動療法的立場から.日本精神神経科診療所協会誌ジャーナル,42,404-419.
青木省三・川畑友二・佐藤寛 2016 子どもの精神療法:子どもの育ちを支える 第2部:ディスカッション.日本精神神経科診療所協会誌ジャーナル,42,420-434.
箕浦有希久・成田健一 2016 子2項目自尊感情尺度を用いた状態自尊感情測定尺度の開発―妥当性に関する多側面からの検討―.感情心理学研究,23(2),78-86.
松原耕平・佐藤寛・高橋高人・石川信一・佐藤正二 2016 小学校から中学校への移行期における子どもの抑うつ症状の発達的変化.行動医学研究,22,3-8.
山本亞実・大城未緒・南由歩・竹谷怜子・小野久江 2016 乗馬初心者に対する乗馬体験の心理的・生理的影響.関西学院大学心理科学研究,42,1-5.
堀麻佑子・沼田恵太郎・中島定彦・嶋崎恒雄 2016 選択の自由と課題の慣れは曖昧性への選好を調整する. 基礎心理学研究, 34, 246-252.
稲増一憲・三浦麻子 2016 「自由」なメディアの陥穽:有権者の選好に基づくもうひとつの選択的接触.社会心理学研究,31(3),172-183.
堀麻佑子・沼田恵太郎・中島定彦・嶋崎恒雄 印刷中 曖昧性に関する意思決定―刺激の親近性が選択行動に与える影響―.基礎心理学研究,35,.
沼田恵太郎 2016 高齢者の条件づけと学習―研究展望―.生老病死の行動科学,20,25-35.
森本文人・片山順一 2016 逸脱事象に対する注意の時間的変動―Deviant P3を指標として―.生理心理学と精神生理学,33(1),47-54.
伏田幸平・長野祐一郎 印刷中 コンピュータ・ゲーム時の競争環境の違いが自律系生理反応にもたらす効果.生理心理学と精神生理学,33(3),.
三浦麻子・小林哲郎 印刷中 オンライン調査におけるSatisficeを検出する技法:大学生サンプルを用いた検討.社会心理学研究,32(2),.
里見香奈・成田健一 2016 「自己」にかかわる心理学的研究の計量書誌学的分析——わが国の学会誌に掲載された実証論文のタイトル分析:1980年–2013年——.関西学院大学心理科学研究,42,25-32.関西学院大学文学部総合心理科学科紀要.
山本亞実・大城未緒・南由歩・竹谷怜子・小野久江 2016 乗馬初心者に対する乗馬体験の心理的・生理的影響.関西学院大学心理科学研究,42,1-5.関西学院大学総合心理科学科紀要.
西川若菜・米山直樹 2016 自閉スペクトラム症児に対するPECSを用いた要求行動の形成―エラー修正法の変更を加えた指導―.関西学院大学心理科学研究,42,7-12.関西学院大学文学部総合心理科学科紀要.
金喬・米山直樹 2016 知的能力障害を伴う自閉スペクトラム症幼児に対する課題分析を用いた着替え指導.関西学院大学心理科学研究,42,13-18.関西学院大学文学部紀要.
田宮めぐみ・米山直樹・松見淳子 2016 放課後等デイサービスで参加児童が集団活動中に示す離席行動に対する機能的アセスメント研究.関西学院大学心理科学研究,42,19-24.関西学院大学文学部総合心理科学科紀要.
佐藤寛 2016 主インターネット依存の不安症モデルに関する発達臨床心理学的研究(特集3:インターネット依存症とその対策).精神科,28,247-249.
赤澤淳子・桂田恵美子・谷向みつえ・明石秀美 2016 児童養護施設入所児童における学習コンピテンス、学校の楽しさ、自尊心、およびコンボイの特徴.人間学研究,14,1‐11.中部人間学会紀要.
三浦麻子 2016 一般市民の世論のとらえ方を規定する心理的要因―自己と周囲の他者との関係性の観点から―.放送メディア研究,13.
佐藤暢哉 2016 共感性研究に齧歯類を対象とすることの意義 -神前・渡辺論文へのコメント-.心理学評論, 58, 295-298.
高橋伸彰 2016 「ネット依存者」における志向性と脆弱性: 各種サービスごとの嗜癖的経験と心理的背景との対応分析を中心に.人文論究,65(4),131-149.関西学院大学文学部紀要.
山岸厚仁・佐藤暢哉 2016 ラットの扁桃体基底外側核損傷が強化子の価値低減効果に及ぼす影響.人文論究,65(4),63-74.関西学院大学文学部紀要.
松永昌宏・小林章雄・柴田英治・大竹恵子・大平英樹 2016 幸福感を高める心理学的介入による心身の健康の増進.Medical Science Digest,42(1),2-5.
沼田恵太郎 2016 高齢者の条件づけと学習―研究展望―. 生老病死の行動科学, 20, 25-35.
三浦麻子・鳥海不二夫・小森政嗣・松村真宏・平石界 2016

ソーシャルメディアにおける災害情報の伝播と感情:東日本大震災に際する事例.人工知能学会論文誌 ,31(1),NFC-A_1-9.

Yasuda, M. 2015 Differences in the Perceptual Processes Behind Shading and Achromatic-Color Responses on the Rorschach: Comparison of Locations Using Eye Movement Measurements. Rorschachiana, 36, 180-200.
Kawai, T., Yamada, H., Sato, N., Takada, M., & Matsumoto, M. 2015 Roles of the Lateral Habenula and Anterior Cingulate Cortex in Negative Outcome Monitoring and Behavioral Adjustment in Nonhuman Primates. Neuron, 88, 792–804.
Tamai, N., & Nakajima, S. 2015 Return of fear due to context and change, delay of testing, and their interaction. Mexican Journal of Behavior Analysis, 41, 155-165.
Nakajima, S., Onza, N., & Nakagawa, H. 2015 Relapse of generalized bait shyness in rats after constant and graded extinction procedures. Learning and Motivation, 51, 62-75.
Nakajima, S. 2015 Prior running, but not swimming, hinders running-based taste aversion learning in rats. Learning and Motivation, 51, 1-10.
Tsujimoto, E., Taketani, R., Yano, M., Yamamoto, A., & Ono, H. 2015 Relationship between Depression, Suicidal Ideation, and Stress Coping Strategies in Japanese Undergraduates. International Medical Journal, 22(4), 268-272.
Tabuchi, M., Nakagawa, T., Miura, A., & Gondo, Y. 2015 Generativity and interaction between the old and young: The role of perceived respect and perceived reject. The Gerontologist, 55(4), 537-547.
Tomonaga, T., Uwano, Y., Ogura, S., Chin, H., Dozaki, M., & Saito, T. 2015 Which person is my trainer? Spontaneous visual discrimination of individuals by bottlenose dolphins(Tursiops truncatus). SpringerPlus, 4(352),.
Tabuchi, M., & Miura, A. 2015 Young people’s reactions change elderly people’s generativity and narratives: The effect of intergenerational interaction on the elderly. Journal of Intergenerational Relationships, 13(2), 118-133.
Sato, N., Tan, L., Tate, K., & Okada, M. 2015 Rats demonstrate helping behavior toward a soaked conspecific. Animal Cognition, 18(5), 1039-1047.
Kimura, T., & Katayama, J. 2015 Approach of visual stimuli modulates spatial expectations for subsequent somatosensory stimuli. International Journal of Psychophysiology, 96(3), 176-182.
Yasuda, M. 2015 Failure of Location Recognition in the Rorschach: An Eye-Tracking Investigation. Rorschachiana, 36(1), 19-39.
Page, W. K., Sato, N., Froehler, M., Vaughn, W. J., & Duffy, C. J. 2015 Navigational Path Integration by Cortical Neurons: Origins in Higher-Order Direction Selectivity. Journal of Neurophysiology, 113(6), 1896-1906.
Nakajima, S., & Izumida, M. 2015 Effect of credit card logos on the consumer item price estimated by Japanese college students. Current Psychology, 34, 50-57.
Kimura, M., Sugimoto, F., Ueda, M., Takeda, Y., & Katayama, J. 2015 Aftermath of 3/11: A pilot study on the relationship between indirect exposure to earthquakes and auditory attention. Psychologia,58(1),27-35.
Banno, H., & Saiki, J. 2015 The processing speed of scene categorization at multiple levels of description: The superordinate advantage revisited. Perception, 44(3), 269-288.
Nakajima, S. 2015 Swimming in flavored water leads to avoidance of that flavor in laboratory rats (Rattus norvegicus). International Journal of Comparative Psychology, 28, 1-10.
Banno, H., & Saiki, J. 2015 The use of higher-order statistics in rapid object categorization in natural scenes. Journal of Vision, 15(4), 1-20.
Otake, K. 2015 Subjective happiness and autobiographical memory: Differences in the ratio of positive events and transmission as emotional expression . Personality and Individual Differences,72,171-176.
三浦麻子・小林哲郎 2015 オンライン調査モニタのSatisficeはいかに実証的知見を毀損するか.社会心理学研究,31(2),.
成田健一 2015 高齢者のパーソナリティ.老年精神医学雑誌,26,1405-1416.
安田傑 2015 ロールシャッハ法における健常者の眼球運動の過程.ロールシャッハ法研究,19,30-36.
加藤美朗・嶋崎まゆみ 2015 特別支援学校に在籍する遺伝性疾患の子どもたち: 在籍児童生徒数および文献数調査から.学校教育学研究,28,95-100.兵庫教育大学学校教育研究センター紀要.
杉原聡子・米山直樹 2015 自閉スペクトラム症児の運筆 訓練時における親の指導行動に対するビデオ・フィードバック.行動分析学研究,30(1),13-23.
福井隆雄・井上和哉・小松丈洋・佐藤暢哉 2015 ヘッドマウントディスプレイ を用いた到達把持運動における視覚・触覚情報の寄与に関する検討.映情学技報,39(43),1-4.
村山綾・三浦麻子 2015 裁判員は何を参照し、何によって満足するのか‐専門家-非専門家による評議コミュニケーション‐.法と心理,15,89-98.
中島定彦 2015 マウスにおけるチーズ選好.人文論究.65(2),31-47.関西学院大学文学部紀要.
杉原聡子 2015 課題学習において逸脱行動を示す知的能力障害児に対する対戦形式による指導.人文論究,65(2),127-138.関西学院大学文学部紀要.
三浦麻子・小林哲郎 2015 オンライン調査モニタのSatisficeに関する実験的研究 .社会心理学研究,31(1),1-12.
村山綾・三浦麻子 2015 道徳基盤・嫌悪感情・エラー管理:非専門家の法的判断に影響を及ぼす要因の検討.認知科学,22(3),426-436.
加藤美朗・蓑崎浩史・松見淳子 2015 プラダー・ウィリー症候群の行動問題の年代別比較: CBCLを用いた得点および発現率の検討.行動科学,54(1),33-44.
松見淳子 2015 繋げる=理解から行動へ.臨床心理学増刊,7,53-56.
桂田恵美子 2015 大学生の性役割の発達‐就職活動経験の違いを反映して‐.日本ジェンダー研究,18,103-113.
高岡しの 2015 対人ストレス対処のために産出されたユーモアの分類と出現頻度.笑い学研究,22,63-74.
三浦麻子・小森政嗣・松村真宏・前田和甫 2015 東日本大震災時のネガティブ感情反応表出―大規模データによる検討―.心理学研究,86(2),102-111.
竹島克典・松見淳子 2015 児童期の抑うつと対人関係要因との関連: コーピング、ソーシャルサポート、仲間関係、対人ストレッサーに焦点をあてた前向き研究.発達心理学研究,26(2),158-167.
岡綾子 2015 知的能力障害を伴う自閉スペクトラム症児に対する学級担任との協働による偏食指導.人文論究,64(4)/65(1),243-260.関西学院大学文学部紀要.
岡綾子・米山直樹 2015 知的障害を伴う自閉スペクトラム症児に対するキャッチボールを促進する環境調整と指導.対人援助学研究,2015(l).1,1-10.
中島定彦・木原千彰・金下真子 2015 ラットおよびマウスにおけるチーズ選好.関西学院大学心理科学研究,41,7-15.
獅々見元太郎・石丸美穂・中島定彦 2015 放射状迷路学習におけるデグーとラットの比較.関西学院大学心理科学研究,41,1-6.
安田傑 2015 中学生における学業成績と動機づけの関連性-先行研究の量的分析結果の統合-.関西学院大学心理科学研究,41,57-61.
島田知華・桂田恵美子 2015 幼児の向社会的行動-母親自身の向社会行動や養育態度との関連-.関西学院大学心理科学研究,41,45-49.
下茂郁佳・桂田恵美子 2015 娘の父親に対する評価に関する研究.関西学院大学心理科学研究,41,51-56.
川西舞 2015 応用行動分析に基づく視点から特別支援教育を考える.関西学院大学心理科学研究,41,29-35.
佃沙織 2015 行動随伴性マネジメント法と心理教育による喫煙行動の減少.関西学院大学心理科学研究,41,37-43.
稲増一憲・三浦麻子 2015 オンライン調査を用いた「大学生の保守化」の検証. 関西学院大学社会学部紀要,120,53-63.
市原優子・中島定彦 2015 猫カフェの利用者に関する調査.ヒトと動物の関係学会誌,40,46-56.
財前美紀・小野久江 2015 抑うつ気分と自律神経活動に及ぼすバランスボールエクソサイズの影響 .関西学院大学心理科学研究.41,17-20.
植松大起・小野久江 2015 大学キャンパス内勤務者のバーンアウトと職業性ストレスとの関連.関西学院大学心理科学研究.41,21-24.
山本亞実・小野久江 2015 ピア・サポートにおける気分と自律神経活動の変化.関西学院大学心理科学研究.41,25-28.
桂田恵美子 2015 わが国の最近1年間における教育心理学の研究動向と展望 発達部門(児童期まで)乳幼児・児童期の研究動向―そこから見えてきたもの-.教育心理学年報(2014年度),54,1-15.
川合隆嗣・山田洋・佐藤暢哉・高田昌彦・松本正幸 2015 “嫌な出来事を避ける”ための神経基盤―外側手綱核と前部帯状皮質の役割.生体の科学,66(1),24-28.
陳香純・神田幸司・上野友香・友永雅己・中島定彦 2015 遊具導入によるバンドウイルカ(Tursiops truncatus)の吐き戻し行動の低減.Animal Behaviour and Management.51(2),87-94.
沼田恵太郎 2015 高齢者の随伴性判断―連合学習の視点から―. 生老病死の行動科学, 19, 21-37.
Nakajima, S., & Katayama, T. 2014 Running-based pica in rats. Evidence for the gastrointestinal discomfort hypothesis of running-based taste aversion. Appetite, 83, 178-184.
Hitokoto, H., & Tanaka-Matsumi, J. 2014 Living in the tide of change: Explaining Japanese subjective health From the socio-demographic change. Frontiers in Psychology, 5, 1221.
Noda, W., & Tanaka-Matsumi, J. 2014 Application of a three-tiered instruction model for Japanese second-grade students to improve accuracy and fluency of multiplication fact. Journal of Special Education Research, 2(2), 71-79.
Sueyoshi, T., Sugimoto, F., Katayama, J., & Fukushima, H. 2014 Neural correlates of error processing reflect individual differences in interoceptive sensitivity. International Journal of Psychophysiology,94 (3),278-286.
Church, A. T., Katigbak, M. S., Iba’n~ez-Reyes, Vargas-Flores, J. D., Curtis, G. J., Tanaka-Matsumi, J., Shen, J., Locke, K. D., Alvarez, J. M., Ching, C. M.,Ortiz, F. A., & Simon, J. R. 2014 Relating self-concept consistency to hedonic and eudaimonic well-being in eight cultures. Journal of Cross-Cultural Psychology, 45(5), 695-712.
Inoue, K., & Takeda, Y. 2014 The properties of object representations constructed during visual search in natural scenes. Visual Cognition, 22(9-10), 1135-1153.
Nakajima, S. 2014 Renewal of signaled shuttle box avoidance in rats. Learning and Motivation, 46, 27-43.
Ching, C. M., Church, A. T., Katigbak, M. S., Reyes, J. A. S., Tanaka-Matsumi, J., Takaoka, S., Zhang, H., Shen, J., Arias, R. M., Rincon, B. C., & Ortiz, F. A. 2014 The manifestation of traits in everyday behavior and affect: A five-culture study. Journal of Research in Personality, 48, 1-16.
Nakajima, S. 2014 Running-based taste aversion learning in five strains of rats. Physiology & Behavior,123, 200
Tanno, T., Maguire, D. R., Henson, C., & France, C. P. 2014 Effects of amphetamine and methylphenidate on delay discounting in rats: Interactions with order of delay presentation. Psychopharmacology,231(1),85-95.
加藤美朗 2014 障害のある人の継続教育.人間環境学研究,12(2),169-176.
杉原聡子・米山直樹 2014 ビデオ・フィードバックを用いた自閉スペクトラム症のある子どもの親訓練プログラムの効果.人文論究,64(3),59-76.関西学院大学文学部紀要.
三浦麻子・楠見孝 2014 批判的思考態度・リスクに対する態度と投票行動:2012年衆議院選挙と2013年参議院選挙のSwing vote分析. 選挙研究,30(2),49-59. 
大竹恵子 2014 非喫煙者の受動喫煙対処行動による喫煙獲得“前熟考期”のステージ細分類.健康心理学研究,27,131-139.
加藤健二・大竹恵子 2014 食物視覚呈示により生起した感性満腹感の特徴.日本味と匂学会誌,21(3),289-292.
野田航・松見淳子 2014 小学2年生の掛け算スキルの流暢性の向上を目指した応用行動分析的指導の効果―Cover-Copy-Compareの応用.特殊教育学研究,52(4),287-298.
水澤慶緒里 2014 成人用過剰適応傾向尺度(Over-Adaptation Tendency Scale for Adults)の開発と信頼性・妥当性の検討.応用心理学研究,40(2),82-92.
杉本史惠・片山順一 2014 注意資源配分量の指標としてのP300: 体性感覚プローブ刺激と聴覚プローブ刺激の比較.生理心理学と精神生理学.32(1),18-28
田中善大・馬場ちはる・鈴木ひみこ・松見淳子 2014 指導的立場の保育士を対象とした応用行動分析の研修プログラムの波及効果‐適切行動に対する言語称賛スキルの向上.特殊教育学研究,52(3),169-179.
中村早希・三浦麻子 2014 飲食行動が話し合いにおけるコミュニケーション行動・主観的評価に及ぼす影響 -菓子を食べると話し合いはうまくいくのか?- .人文論究,62(2),59-77.関西学院大学文学部紀要.
庭山和貴・松見淳子 2014 インクルーシブ教育場面における自閉症スペクトラムのある児童に対する行動的支援.人文論究, 64(1),85-100.関西学院大学文学部紀要.
水澤慶緒里・中澤清 2014 小学校教師のバーンアウトと過剰適応傾向との関連―問題行動児にも注目して―.パーソナリティ研究,23(1),60-63.
堀麻佑子・沼田恵太郎・中島定彦 2014 迷信行動は負の強化で獲得され易いか―結果の正負極性と持続時間の検討―. 心理学研究, 84(6), 625-631.
安田傑 2014 ロールシャッハ法における色彩反応のキーワード調査の追加分析-図版と色彩の種類の観点から-.関西学院大学心理科学研究,40,1-6.
水澤慶緒里 2014 成人用過剰適応傾向尺度(OATSAS)と児童・生徒用の過剰適応尺度との比較検討およびOATSASを用いた社会人と大学生の過剰適応傾向の比較検討.関西学院大学心理科学研究,40,25-30.
藤田結子・小野久江 2014 大学生の「あがり症」における社交不安傾向に対する対人関係カウンセリングの効果について.関西学院大学 心理科学研究,40,47-50.
志方文香・小畑明日香・米山直樹 2014 視覚支援を用いた自閉症児の音楽活動への参加行動の形成 .関西学院大学心理科学研究,40,19-24.
沼田恵太郎・嶋崎恒雄 2014 結果の強度が2次の回顧的再評価に与える影響 .関西学院大学心理科学研究,40,51-62.
村山綾・三浦麻子 2014 有罪・無罪判断と批判的思考態度との関連―テキストデータを用いた分析から―.法と心理,13(1),24-33.
高岡しの・佐藤寛 2014 体育会男子学生のパーソナリティ―5因子モデルに基づいた一般男子学生との比較.社会学部紀要,45(2),1-9.関西大学社会学部紀要.
荒尾真理・片山順一 2014 スニッフィングと嗅知覚.AROMA RESEARCH,15(1),17-23.
佐藤寛・三田村仰・高岡しの・金谷尚佳・佐藤美幸 2014 うつ病リスクの高い大学生を対象とした集団認知行動療法:ターゲット予防プログラムの予備的研究.認知療法研究,7,84-93.
松見淳子 2014 行動療法:科学者-実践家モデルの視点から精神療法の地図に位置づける.精神療法,40(1),55-59.
Hashimoto, A., & Nakajima, S. 2013 Contextual control of running-based taste aversion in rats.The Psychological Record, 63(4), 785-802.
Church, A. T., Katigbak, M. S., Ching, C. M., Zhang, H., Shen, J., Arias, R. M., Rincon, B. C., Morio, H., Tanaka-Matsumi, J., Takaoka, S., Mastor, K. A., Roslan, N. A., Iba’n~ez-Reyes, J., Vargas-Flores, J. J., Locke, K. D., Reyes, J. A. S., Wenmei, S., Ortiz, F. A., & Alvarez, J. M. 2013 Within-individual variability in self-concepts and personality states: Applying density distribution and situation-behavior approaches across cultures. Journal of Research in Personality, 47, 922-935.
Nakajima, S. 2013 Dogs and owners resemble each other in the eye region. Anthrozoo:s, 26, 551-556.
Yagi, A. 2013 Special issue on psychophysiological studies. International Journal of Biomedical Soft Computing and Human Sciences,18(2),1-3.
Yamazaki, K., & Katayama, J. 2013 Spatial property of visual mental imagery representation: Evidence from ERP P3.Biomedical Soft Computing and Human Sciences,18(2),19-24.
Tamakoshi, S., & Yagi, A. 2013 The relationship between mismatch negativity and neuronal coding in auditory rhythm changes. International Journal of Biomedical Soft Computing and Human Sciences,18(2),25-28.
Morimoto, F., & Yagi, A. 2013 P3 Latency is Related to Temporal Lag between Two Targets during the Attentional Blink . International Journal of Biomedical Soft Computing and Human Sciences,18(2),13-17.
Kimura, M., Ueda, M., Takeda, Y., Sugimoto, F. & Katayama, J. 2013 Aftermath of 3/11: Earthquakes and involuntary attentional orienting to sudden ambient sounds. Biological Psychology, 94(2), 419-425.
Horikawa, M. 2013 Debilitative and facilitative perception of trait and state anxiety and their relationships to self-confidence among undergraduate students on a serial addition task.International Journal of Advances in Psychology,21(3),157-165.
Church, A. T., Katigbak, M. S., Locke, K.D., Zhang, H., Shen, J., Vargas-Flores, J., Ibanez-Reyes, J., Tanaka-Matsumi, J., Curtis, G. J., Cabrera, H. F., Mastor, K. A., Alvarez, J. M., Ortiz, F. A., Simon, J-Y., & Ching, C. M. 2013 Need satisfaction and well-being: Testing self-determination theory in eight cultures. Journal of Cross-Cultural Psychology, 44(4), 507-534.
Nakajima, S. 2013 Information variables in Pavlovian conditioning preparations: One more piece of evidence (講演論文). 心理科学研究センター年報(専修大学), 2, 209-223.
Sato, N., Page, W. K., & Duffy, C. J. 2013 Task contingencies and perceptual strategies shape behavioral effects on neuronal response profiles.Journal of Neurophysiology,109,546-556.
大対香奈子・堀田美紗緒・竹島克典・松見淳子 2013 日本語版SLAQの作成:学校適応の規定要因および抑うつとの関連の検討.日本学校心理士会年報,6,59-69.
陳香純 2013 自己鏡映像認知の再考-バンドウイルカ(Tursiops truncatus)の研究事例を中心に-.人文論究,63(3),37-54.関西学院大学文学部紀要.
竹谷怜子・小野久江 2013 教員の生活の質(QOL)の現状―SF-36の3因子モデルによる探索的検討―.学校メンタルヘルス,16(1),42-45.
廣瀬眞理子 2013 ひきこもり者の社会再接続へとつながる親の関わりプロセスに関する質的研究.家族心理学研究,27(2),137-151.
竹島克典・松見淳子 2013 抑うつ症状を示す児童の仲間との社会的相互作用―行動観察に基づくアセスメント研究.教育心理学研究,61(2),158-168.
村山綾・三浦麻子 2013 集団討議における葛藤と主観的パフォーマンス-マルチレベル分析による検討-.実験社会心理学研究,53(2),81-92.
尾崎光司 2013 不登校の児童生徒を支援する方法としての社会的スキル訓練.人文論究,63(2),43-53.関西学院大学文学部紀要.
中島定彦 2013 選択行動における対応法則について. 人文論究(関西学院大学文学部). 63(2), 55-74.
堀麻佑子・沼田恵太郎・中島定彦 2013 迷信行動は負の強化で獲得され易いか?―結果の正負極性と持続時間の検討―.心理学研究,84(6),
馬場ちはる・佐藤美幸・松見淳子 2013 通常学級における機能的アセスメントと支援の現状と今後の課題.行動分析学研究,28(1),26‐42.日本行動分析学会.
松見淳子 2013 エビデンスベイスト心理療法時代における森田療法の普遍性と文化的意義:比較文化の観点から.日本森田療法学会雑誌,24(1),19-23.
松見淳子 2013 行動療法―多様な技法の発展を支える実証的基盤の検討.精神療法,39(2),210-218.
中島定彦・上藤美季・髙松恭平 2013 写真の人物の印象評定に及ぼす小型犬の効果. ヒトと動物の関係学会誌, 35, 47-53.
佐伯昌洋・平田薫・成田健一 2013 大学移行における自己調整学習方略の変化と大学適応との関連―面接調査を用いた探索的研究―.関西学院大学高等教育研究,3,41-53.
三浦麻子・森尾博昭・折田明子・宇田周平・松井くにお・鈴木隆一・田代光輝 2013 オンラインコミュニティで「社会知」は醸成されたか―NIFTY-Serve心理学フォーラムの事例研究―.関西学院大学心理科学研究,39,23-30.
末吉南美・三浦麻子 2013 政治意識へのマスメディア効果に対するメディア・リテラシーと批判時思考態度の影響.関西学院大学心理科学研究,39,81-88.
寺島圭・三浦麻子 2013 SNS利用はオフライン/オンライン社会関係資本を醸成するか―大学生のmixi利用を事例に―.関西学院大学心理科学研究,39,59-67.
生田美織・米山直樹 2013 書字技能の発達および習得のための指導.関西学院大学心理科学研究,39,13-21.
大江佐知子・米山直樹 2013 広汎性発達障害児における援助の申し出の指導.関西学院大学心理科学研究,39,3-12.
萩原智・米山直樹 2013 競合的他者の存在が自身の体重コントロールに及ぼす影響.関西学院大学心理科学研究,39,49-57.
小畑明日香・米山直樹 2013 広汎性発達障害児における表情および対応推測に関する研究.関西学院大学心理科学研究,39,89-97.
廣瀬眞理子 2013 ひきこもり者の社会再接続へとつながる家族の関わりプロセスの一研究.共同対人援助モデル研究,6,57-64.
田渕恵・三浦麻子・中川威・権藤恭之 2013 高齢者における世代性(Generativity)と次世代との関わり行動の因果関係 -性差に着目した検討 -.日本世代間交流学会誌,3(1),35-40.
Ishii, K., Sugimoto, F., & Katayama, J. 2012 High self-esteem increases spontaneous attention to positive information: An event-related brain potential study.Psychologia,55(4),269-279.
Tanno, T., Silberberg, A., & Sakagami, T. 2012 Discrimination of variable schedules is controlled by interresponse times proximal to reinforcement. Journal of the Experimental Analysis of Behavior,98(3),341-354.
Inoue, K., & Takeda, Y. 2012 Scene-context effect in visual memory is independent of retention interval.Japanese Psychological Research,54(4),360–367.
Tanno, T., & Silberberg, A. 2012 The copyist model of response emission.Psychonomic Bulletin & Review.19(5),759-778.
Arao, M., Suzuki, M., Katayama, J., & Yagi, A. 2012 An odorant congruent with a colour cue is selectively perceived in an odour mixture. Perception,41,474-482.
Tsuchida, Y., Katayama, J., & Murohashi, H. 2012 Working memory capacity affects the interference control of distractors at auditory gating.Neuroscience Letters,516, 62-66.
Inoue, K., & Takeda, Y. 2012 Scene-context effect in visual memory is independent of retentioninterval.Japanese Psychological Research,54(4),360-367.
Sugaya, N., Izawa, S. 2012 Kimura, K., Ogawa, N,. Yamada, K. C., Shirotsuki, K., Mikami, I., Hirata, K., Nagano, Y., Nomura, S., & Shimada, H. Adrenal hormone response and psychophysiological correlates under psychosocial stress in individuals with irritable bowel syndrome. International journal of psychophysiology,84,39-44.
Horikawa, M., & Yagi. 2012 A.The relationships among trait anxiety, state anxiety and the goal performance of penalty shoot-out by university soccer players.PLoS ONE,7(4),e35727
Sugaya, N., Izawa, S. Kimura, K., Ogawa, N., Yamada, K. C., Shirotsuki, K., Mikami, I., Hirata, K., Nagano, Y., Nomura, S., & Shimada, H. 2012 Adrenal hormone response and psychophysiological correlates under psychosocial stress in individuals with irritable bowel syndrome. International journal of psychophysiology,84,39-44.
Katsurada, E. 2012 The relationship between parental physical affection and child physical aggression among Japanese preschoolers. Child Studies in Diverse Context,2(1),1-10.
Kishore, S., Hornick, N., Sato, N., Page, W. K, & Duffy, C. J. 2012 Driving strategy alters neuronal responses to self-movement: cortical mechanisms of distracted driving. Cerebral Cortex, 22, 201-208.
Nakajima, S., Kumazawa, G., Ieki, H., & Hashimoto, A. 2012 Does conspecific fighting yield conditioned taste aversion in rats? Psychological Record, 62, 83-90.
三浦麻子

2012

東日本大震災とオンラインコミュニケーションの社会心理学―そのときツイッターでは何が起こったか―. 電子情報通信学会誌, 95, 219-223.
岡田博名・桂田恵美子

2012

なぜ人は攻撃するのか-攻撃性と愛着スタイル及び防衛機制との関連-,関西学院大学心理科学研究,39,37-42.
堀裕美・桂田恵美子 2012 中学生時代と現在の家庭の食事風景と現在の親子関係との関連.関西学院大学心理科学研究,39,43-47.
上條真美・岡島泰三・桂田恵美子 2012 青年期の愛着スタイルと情動生起の関連性について.関西学院大学心理科学研究,39,31-36.
木村健太・江原清香・片山順一 2012 ポジティブ情動における情動経験と表情筋活動.感情心理学研究,20(3),1-9.
佐藤慶一・成田健一・丹波史紀 2012 福島原発事故後の双葉地方からの避難者の精神的健康と復興施策への希求.地域安全学会論文集,18,189-197.
安田傑 2012 ロールシャッハ法における,色彩反応の可能性を示すキーワードの調査 ―テキストマイニングを用いて―.心理臨床学研究,30,577-582.
村山綾・今里詩・三浦麻子 2012 評議における法専門家の意見が非専門家の判断に及ぼす影響―判断の変化および各進度に注目して―.法と心理,12(1),35-44.
田渕恵・中原純・権藤恭之 2012 地域子育て支援の「受領-提供」関係におけるバリアについての質的研究―祖父母世代と親世代のグループディスカッションの考察―.高齢者のケアと行動科学,17,64-74.
高岡しの・松見淳子 2012 社会的相互作用におけるコーピングとしてのユーモア研究の展望.人文論究,62(2),25-42.関西学院大学文学部紀要.
斎藤元幸・嶋崎恒雄 2012 因果推論に対する因果ベイズネットの適用の妥当性について―観察と介入の違いに関する実験的検討―.認知科学,19,380-390.
村山綾・三浦麻子 2012 集団内の関係葛藤と課題葛藤:誤認知の問題と対処行動に関する検討.社会心理学研究,28,51-59
高橋伸彰・廣中直行・嶋崎恒雄・成田健一 2012 依存・嗜癖・乱用は同義か?:タイトル・キーワードの計量書誌学的分析.行動科学,51(1),25-.
沖中武 2012 記録公表手続きとプロンプトが自転車及びバイク利用者の歩道における安全行動に及ぼす効果. 行動分析学研究,27-1,16-28.
草山太一・池田譲・入江尚子・陳香純・坪川達也・武野純一・酒井麻衣 2012 自己鏡映像認知への温故知新.動物心理学研究,62,111-124
庭山和貴・松見淳子 2012 和服の着付けの改善のための訓練パッケージの効果:大学能楽部に所属する男子学生の紋付袴の着付けを対象として.行動分析学研究,27,42-50.
中島定彦 2012 動物における事象の持続時間の記憶―短選択効果の30年(前篇)―. 人文論究(関西学院大学文学部), 62(1), 109-138.
田渕恵・中川威・石岡良子・権藤恭之 2012 高齢者の世代性及び世代性行動と心理的Well-beingの関係. -若年者からのフィードバックに着目した検討-. 日本世代間交流学会誌,2,19-24
荒尾真理・片山順一 2012 視覚情報によって変化する嗅知覚のメカニズム. 人文論究, 62(1), 139-150.
高橋伸彰・成田健一 2012 Internet Addictionに関する研究の展開: 計量書誌学的手法を用いて.人文論究,62(1),151-170.
荒尾真理・鈴木まや・八木昭宏 2012 ニオイの感情効果はプライムされた色によって変化する.感情心理学研究,19,10-18.
伊藤直・村田彩・松見淳子 2012 大学生の抑うつ症状と1日に従事した活動及び活動に伴う快・不快感情の関係―日誌法による検討―.感情心理学研究,19(2),52-59.
並木千尋・小野久江・岡本美智子・Michael Robinson・高橋道宏 2012 Duloxetineのうつ病に伴う痛みへの効果. Progress in Medicine, 32, 677-685.
玉越勢治・山本直樹・森本文人・長江新平・市場博幸・磯博行 2012 ロッキングチェアのリラックス効果に関する工学心理学的検討.行動科学,50,101-105.
水澤慶緒里

2012

テキストマイニングを用いた過剰適応像の検討.関西学院大学心理科学研究,39,75-80.
佐野洸文・水澤慶緒里・中澤清 2012 教師のバーンアウト要因に関する研究.関西学院大学心理科学研究,39,69-74.
水澤慶緒里・中澤清 2012 過剰適応の日豪比較―メルボルン大学他との研究交流から―. 臨床教育心理学研究(関西学院大学), 38, 11-18.
小野久江・徳山周司・後藤涼子・野中由花 2012 文献検討からみた心理学系大学院生のADHD薬物療法に対する認識. 臨床教育心理学研究(関西学院大学), 38, 7-10.
竹谷怜子・辻本江美・小野久江 2012 大学生における自殺と全体的健康度との関係. 臨床教育心理学研究(関西学院大学), 38, 19-22.
辻本江美・竹谷怜子・小野久江 2012 大学生のコーピングと抑うつ状態・自殺との関係について. 臨床教育心理学研究(関西学院大学), 38, 23-26.
留岡佑果・桂田恵美子 2012 大学生とその父親・母親における性役割観の関連について. 臨床教育心理学研究(関西学院大学), 38, 27-32.
村木佑実子・岡島泰三・桂田恵美子 2012 青年期の愛着スタイルと自立との関連. 臨床教育心理学研究(関西学院大学), 38, 33-38.
瀧川郁美・中見仁美・桂田恵美子 2012 大学生の親性準備性と乳児の泣き声に対する反応. 臨床教育心理学研究(関西学院大学), 38, 39-44.
高岡しの 2012 「いい加減」から「良い加減」へ―夫との関係を軸に多くの気付きを得た40代女性との面接過程―.心理臨床(名古屋大学紀要),27,56-65.
片桐秀晃・小野久江・藤越慎治・高橋道宏 2012 日本人の精神運動興奮を有する統合失調症患者におけるolanzapine速効型筋注製剤のプラセボ対照二重盲検比較試験. 新薬と臨床, 63, 30-42.
Okinaka, T., & Shimazaki, T. 2011 The effects of prompting and reinforcement on safe behavior of bicycle and motorcycle riders. Journal of Applied Behavior Analysis, 44, 671-674.
Masuda, A., Watanabe, J., Terao, M., Watanabe, M., Yagi, A., & Maruya, K. 2011 Awareness of central luminance edge is crucial for the Craik-O’Brien-Cornsweet illusion. Frontier in Human Neuroscience, 5:125.
Tamakoshi, S., Shimai, S., Sogo, S., & Yagi, A. 2011 The psychophysiological effects of the real fireplace. Psychologia, 54, 68-79.
Baba, C., & Tanaka-Matsumi, J. 2011 Positive behavior support for a child with inattentive behavior in a Japanese regular classroom. Journal of Positive Behavior Interventions, 13, 250-253.
Nakajima, S. 2011 Calorie supply does not alleviate running-based taste aversion learning in rats. Appetite, 57, 605-614.
Nakajima, S., Takamatsu, Y., Fukuoka, T., & Omori, Y. 2011 Spontaneous blink rates of domestic dogs: A preliminary report. Journal of Veterinary Behavior: Clinical Applications and Research, 6, 95.
中島定彦・垣見美樹 2011 家庭犬のしつけに関する学習心理学的行動原理の知識テスト(KBPAD)の作成. ヒトと動物の関係学会誌,30, 59-69.
前田志壽代・田中千代 2011 機能性視聴覚障害をもつ子どもの類型―ロールシャッハ・テスト指標のクラスター分析から. ロールシャッハ法研究, 15, 1-9.
杉本史惠・野村亜弓・片山順一 2011 肩への電気刺激に対するP300を指標とした無関連プローブ法の検討. 生理心理学と精神生理学, 29, 13-19.
玉越勢治・溝部光希・箕浦菜々子・片山順一・八木昭宏 2011 ミスマッチ陰性電位を指標とした時間統合窓の基本特性の検討. 生理心理学と精神生理学, 29, 5-12.
中島定彦 2011 レバー押す魚もありけり強化効く. 行動分析学研究, 26, 13-27.
川合隆嗣 2011 無脊椎動物における交替性転向反応研究の展開と問題点について. 動物心理学研究, 61, 83-93.
宮部真衣・荒牧英治・三浦麻子 2011 東日本大震災におけるTwitterの利用傾向の分析. 情報処理学会研究報告 マルチメディア通信と分散処理研究会報告. 2011-DPS-148, 17, 1-7.
藤田昌也・松見淳子・平山哲 2011 最重度知的障害を伴う自閉症のある成人に対する時計の読みの指導. 行動療法研究, 37, 195-204.
荒尾真理・鈴木まや・八木昭宏 2011 ニオイの感情効果はプライムされた色によって変化する. 感情心理学研究, 19, 10-18.
沼田恵太郎・宮田洋 2011 皮膚電気条件づけ―その意義と研究動向―. 人文論究, 61(2), 55-88.
米山直樹 2011 選択できることは強化事態か?―若澤・杉山(2011)へのコメント. 行動分析学研究, 25, 144-146.
田中善大・三田村仰・野田航・馬場ちはる・嶋崎恒雄・松見淳子 2011 応用行動分析の研修プログラムが主任保育士の発達障害児への支援行動に及ぼす効果の検討. 行動科学, 49, 107-114.
柳瑞穂 2011 写真カードを用いた自発的要求言語行動獲得への支援―特別支援学校における重度知的障害生徒に対する指導実践―. 人文論究(関西学院大学), 61(1), 195-214.
馬場ちはる・松見淳子 2011 応用行動分析学に基づく通常学級における支援についての実践的検討. 人文論究(関西学院大学), 61(1), 100-114.
木戸盛年・西崎晃輔・成田健一・嶋崎恒雄・八木昭宏 2011 情報教育の光と影-在学中の情報教育が卒業後に及ぼす影響の諸相-. 関西学院大学高等教育研究, 1, 45-57.
中村春香・成田健一 2011 「嗜癖」とは何か―その現代的意義を歴史的経緯から探る―. 人文論究(関西学院大学), 60(4), 37-54.
杉本史惠・片山順一 2011 空間的注意によって生じる主観的な視知覚の変化. 人文論究(関西学院大学), 60(4), 25-36.
岩橋瞳 2011 ヒトにおけるセルフコントロール選択の推移―能動的・受動的反応を要する刺激提示の効果の比較―. 人文論究(関西学院大学), 60(4), 109-129.
山本直樹・内海章・藤本清・安部伸治・松尾典義 2011 視覚特性を考慮した車載表示装置の視線連動輝度制御. 映情学技報, 35(16), 125-128.
沼田恵太郎・太田麻里奈・嶋崎恒雄 2011 ヒトの随伴性学習における復元効果の実験的検討. 行動科学, 49, 115-124.
高橋友子・米山直樹 2011 日本における新人看護職職場適応に関する研究の現状と課題. 臨床教育心理学研究(関西学院大学), 37, 11-17.
鈴木ひみこ・米山直樹 2011 特別支援学校における知的障害をもつ生徒の問題行動に対する行動コンサルテーションの効果. 臨床教育心理学研究(関西学院大学), 37, 1-9.
弓場菜穂子・小野久江 2011 大学生におけるディスチミア親和型うつ病の捉え方. 臨床教育心理学研究(関西学院大学), 37, 23-26.
後藤涼子・野中由花・小野久江 2011 大学生におけるADHDの認知度調査. 臨床教育心理学研究(関西学院大学), 37, 19-22.
高富莉那・桂田恵美子 2011 大学生の心理的自立と親の養育態度との関連. 臨床教育心理学研究(関西学院大学), 37, 27-32.
鳥居瑤子・岡島泰三・桂田恵美子 2011 大学生の一人でいられる能力と愛着スタイルとの関連―「一人行動に対する不安耐性」尺度の作成―. 臨床教育心理学研究(関西学院大学), 37, 33-39.
米山直樹 2011 大学における発達障害者支援の課題. 人文論究(関西学院大学), 60(4), 55-70.
小野久江・岡本美智子・高橋道宏 2011 Olanzapineの統合失調症陰性症状に対する有効性―非定型抗精神病薬の大規模比較試験の検討―. 臨床精神薬理, 14, 517-528.
米山直樹 2011 大学における発達障害者支援の課題.人文論究,60(4),55-70.関西学院大学文学部紀要
米山直樹 2011 選択できることは強化事態か?-若澤・杉山(2011)へのコメント-.行動分析学研究,25(2),144-146
安田傑・中澤清 2011 2次元斜交モデルによる色・形問題の検討―主要5因子理論の観点から―. パーソナリティ研究,20-3,217-228.
Takahashi, N., Kashino, M., & Hironaka, N. 2010 Structure of rat ultrasonic vocalizations and its relevance to behavior. PLoS ONE, 5(11): e14115.
Sato, N., Kishore, S., Page, WK., & Duffy, CJ  2010 Cortical neurons combine visual cues about self-movement. Experimental Brain Research. 2010 Oct;206(3)283-97.
Terao, M., Watanabe, J., Yagi, A., & Nishida, S. 2010 Smooth pursuit eye movements improve temporal resolution for color perception. PLoS One, 5(6): e11214.
Sato, N., Sakata, H., Tanaka, Y. L., & Taira, M. 2010 Context-dependent place-selective responses of neurons in macaque medial parietal region. Cerebral Cortex, 20, 846-858.
Masaki, T., & Nakajima, S. 2010 The effect of swimming experience on acquisition and retention of swimming-based taste aversion learning in rats. Learning and Motivation, 41, 32-47.
Nagaishi, T., & Nakajima, S. 2010 Overshadowing of running-based taste aversion learning by another taste cue. Behavioural Processes, 83, 134-136.
川合隆嗣 2010 オカダンゴムシの交替性転向反応―通路長・転向方向・転向回数の効果―. 人文論究(関西学院大学), 60(3), 113-125.
石暁玲・桂田恵美子 2010 育児の社会化を考える―中国の「寄養」と「寄宿制幼稚園」のレビューより―. 人文論究(関西学院大学), 60(3), 1-9.
安田傑 2010 ロールシャッハ図版の向きにともなうコードの産出率の検討―領域・発達水準・決定因子の考察を中心に―. ロールシャッハ法研究, 14, 35-42.
沖中武・嶋崎恒雄 2010 不法駐輪に対する行動分析的アプローチ―データ付きポスターの掲示と駐輪禁止範囲明示の効果―. 行動分析学研究, 25, 22-29.
堀麻佑子・嶋崎恒雄 2010 獲得・損失状況における強制選択場面と自由選択場面間の選好. 行動分析学研究, 25, 13-21.
伊藤直・松見淳子 2010 抑うつの行動理論に基づく快活動報告と気分との関係: 日記法による検討. パーソナリティ研究, 19, 65-67.
中島定彦 2010 テレビCMは逆行条件づけか? 人文論究(関西学院大学), 60(2), 39-53.
森本文人・八木昭宏 2010 注意の瞬き現象のメカニズム. 人文論究(関西学院大学), 60(2), 25-38.
谷田薫 2010 大学効果研究のモデルと理論―心理的特性導入の可能性―. 人文論究(関西学院大学), 60(2), 71-86.
石暁玲・桂田恵美子 2010 保育園児を持つ母親のディストレス:相互協調性・相互独立性およびソーシャル・サポートとの関連. 発達心理学研究, 21, 138-146.
中見仁美・桂田恵美子 2010 三世代家族のFamily System Test(FAST)の評価基準の検討. 家族心理学研究, 24, 42-53.
小野久江・御前裕子・岡本美智子・中原直博・高橋道宏 2010 うつ病のburden of disease. 臨床精神医学, 39, 869-843.
安井梨恵・米山直樹 2010 シャイネスに対する認知行動療法的アプローチに関する考察. 人文論究(関西学院大学), 60(1), 133-144.
小野久江・丹治由佳・高橋道宏 2010 Duloxetineの有効性における容量別比較. 臨床精神薬理, 13, 1215-1222.
三田村仰・松見淳子 2010 アサーションの文脈依存性についての実験的検討:話し手と聞き手の観点から. 対人社会心理学研究, 10, 77-86.
山口勧・小口孝司・三浦麻子・永田良昭・吉田寿夫・大坊郁夫 2010 歴史を踏まえ、この先に生きる社会心理学研究の展開を目指すためになにをなすべきか. 対人社会心理学研究, 10, 1-32.
米山直樹 2010 スクールカウンセリングにおける行動コンサルテーション.臨床教育心理学研究,36(pp.1-7)関西学院大学文学部教育心理学研究室紀要
三田村仰・松見淳子 2010 アサーション(自他を尊重する自己表現)とは何か? ―“さわやか”と“しなやか”,2つのアサーションの共通了解を求めて―. 構造構成主義研究, 4, 158-182.
西村千尋・小野久江 2010 コーピングが大学生の精神的健康に及ぼす影響について. 臨床教育心理学研究(関西学院大学), 36, 9-14.
磯部直彦・小野久江 2010 大学教職員のメンタルヘルス自覚症状調査―健康診断時問診表から―. 臨床教育心理学研究(関西学院大学), 36, 27-32.
岩橋瞳・米山直樹 2010 発達障害児の運動スキルに対する行動分析学的アプローチ. 臨床教育心理学研究(関西学院大学), 36, 33-40.
平田真知佳・米山直樹 2010 自閉症児における見本合わせ課題の促進手続き. 臨床教育心理学研究(関西学院大学), 36, 41-50.
柳瑞穂・米山直樹 2010 自閉症児のハサミ課題時における視覚的プロンプトの効果. 臨床教育心理学研究(関西学院大学), 36, 51-56.
安田傑・中澤清 2010 色彩・形態2次元モデルに基づく、「色・形問題」の測定法の作成. 臨床教育心理学研究(関西学院大学), 36, 57-67.
沖中武・嶋崎恒雄 2010 自己記録と自己目標設定がソフトテニスのファーストサービスの正確性に及ぼす効果. 行動分析学研究, 24, 43-47.
田中善大・鈴木康啓・嶋崎恒雄・松見淳子 2010 通常学級における集団随伴性を用いた介入パッケージが授業妨害行動に及ぼす効果. 行動分析学研究, 24, 30-42.
三田村仰・松見淳子 2010 相互作用としての機能的アサーション. パーソナリティ研究, 18, 220-232.
山下芙実子・石暁玲・桂田恵美子 2010 大学生の親子関係・自尊感情・生き方志向と子ども時代の両親の養育態度との関連―過保護という養育態度の検討. 臨床教育心理学研究(関西学院大学), 36, 21-26.
小野久江・御前裕子・高橋道宏 2010 海外治験結果からみた大うつ病性障害におけるduloxetineの有効性と安全性. 臨床精神薬理, 13, 501-508.
小野久江・丹治由佳・高橋道宏 2010 Duloxetineと選択的セロトニン再取り込み阻害薬の有効性に関する比較. 臨床精神薬理, 13, 533-545.
鈴木ひみこ 2010 日本における行動コンサルテーション研究の課題と展望. 人文論究(関西学院大学), 59(4), 181-196.
野田航・松見淳子 2010 子どもの基礎学力向上のための機能的アプローチ. 人文論究(関西学院大学), 59(4), 109-122.
中村有里・松見淳子 2010 行動的コーチングによるハンドボールのシュートフォームの改善. 行動分析学研究, 24, 54-58.
大対香奈子・松見淳子 2010 小学生に対する学級単位の社会的スキル訓練が社会的スキル、仲間からの受容、主観的学校適応感に及ぼす効果. 行動療法研究, 36, 43-55.
野田航・松見淳子 2010 児童の漢字の読みスキルの保持・耐久性・応用に及ぼす流暢性指導の効果の実験的検討. 行動分析学研究, 24, 13-25.
佐藤暢哉 2010 ヒト以外の動物のエピソード的(episodic-like)記憶―WWW記憶と心的時間旅行―. 動物心理学研究, 60, 105-117.
Imanishi, A., & Oyama-Higa, M. 2009 The application of nonlinear methods to the analysis of finger plethysmograms for ergonomics. International Journal of Computer Aided Engineering and Technology, 1, 404-419.
Ogawa, H., Watanabe, K., & Yagi, A. 2009 Contextual cueing in multiple object tracking. Visual Cognition, 17, 1244-1258.
Yagi, A., Fujimoto, K., Michihiro, K., Go, B., Tsi, D., & Nagai, H. 2009 The effect of lutein supplementation on visual fatigue: A psychophysiological analysis. Applied Ergonomics, 40, 1047-1054.
Noda, W., & Tanaka-Matsumi, J. 2009 Effect of a classroom-based behavioral intervention package on the improvement of children’s sitting posture in Japan. Behavior Modification, 33, 263-273.
Noritake, A., Uttl, B., Terao, M., Nagai, M., Watanabe, J., & Yagi, A. 2009 Saccadic compression of rectangle and Kanizsa figures: Now you see it, Now you don’t. Plos One, 4(7), e6383.
Nakajima, S., Yamamoto, M., & Yoshimoto, N. 2009 Dogs look like their owners: Replication with racially homogeneous owner portraits. Anthrozoos, 22, 173-181.
Fujimoto, K., Sato, T., & Yagi, A. 2009 Strength and variability of the backscroll illusion. Vision Research, 49, 760-765.
廣瀬眞理子 2009 「ひきこもり」問題における親―「親が変わる」という主体的選択に向けて.人文論究,59(3),63-86.
嶋崎恒雄 2009 ヒトとヒト以外を隔てるもの:実験心理学の立場から. 認知科学, 16, 148-153.
中島定彦・田尻浩之・大平美佳 2009 棚に陳列された商品の購入時に見られる右側選択バイアスに関する実験的研究. 行動科学, 48, 1-9.
斎藤元幸・嶋崎恒雄 2009 因果推論におけるパワーPC理論について. 人文論究(関西学院大学), 59(3), 1-21.
三浦麻子・川浦康至 2009 内容分析による知識共有コミュニティの分析:投稿内容とコミュニティ観から. 社会心理学研究, 25, 153-160.
倉持素樹・小野久江・丹治由佳・岡本美智子・高橋道宏 2009 急性期統合失調症におけるolanzapineと他の非定型抗精神病薬との二重盲検比較試験. 臨床精神薬理, 12, 2507-2519.
本岡寛子・松見淳子・林敬子 2009 「心配」の自己評定尺度-Penn State Worry Questionnaire(PSWQ)日本語版の信頼性と妥当性の検討-. カウンセリング研究, 42, 247-255.
今西明・雄山真弓 2009 指尖容積脈波のカオス解析における遅延時間の検討. 人間工学, 45, 303-305.
桂田恵美子 2009 大学生の愛情の枠組みと自尊感情・対人信頼感との関係. 人文論究(関西学院大学), 59(2), 30-41.
安田傑・中澤清 2009 インクブロット法における形態・色彩・濃淡の影響性を独立的に扱う評定法の試案. 人文論究(関西学院大学), 59(2), 14-29.
三田村仰・松見淳子 2009 発達障害児の保護者向け機能的アサーション・トレーニング. 行動療法研究, 35, 257-270.
中島定彦 2009 わが国でのイヌの行動・認知研究の活発化のために. 動物心理学研究, 59, 1-2.
平芳幸子・中島定彦 2009 性格表現語を用いたイヌの性格特性構造の分析. 動物心理学研究, 59, 57-75.
中島定彦・福岡朋実・高松靖子・陳香純 2009 ヒトの社会的手がかりにイヌは従うか? -日本の家庭犬を用いた追試研究-. 動物心理学研究, 59, 77-84.
永石高敏・平芳幸子・浦田明子・中島定彦 2009 心理学文献データベースに見るイヌ研究の半世紀. 動物心理学研究, 59, 85-88.
倉持基樹・小野久江・藤越慎冶・時本敏充・西馬信一・高橋道宏 2009 統合失調症急性期症状に対するolanzapineの安全性と有効性-Olanzapineの開始時1日投与量の違いに基づく検討-. 臨床精神薬理, 12, 1179-1197.
沼田恵太郎・嶋崎恒雄 2009 ヒトの随伴性学習における2次の回顧的再価値化の実験的検討. 心理学研究, 80, 54-60.
今西明・雄山真弓 2009 カオス解析における設定値の差異が解析結果に与える影響 -指尖容積脈波における検討-. 人間工学, 45, 141-147.
土肥伊都子・廣川空美・水澤慶緒里 2009 共同性・作動性尺度による男性性・女性性の規定モデルの検討―ジェンダー・アイデンティティ尺度の改定と診断比によるスキーマ測定―. 立教大学心理学研究, 51, 103-113.
藤田昌也・ 松見淳子 2009 機軸反応訓練(Pivotal Response Treatments)を用いた自閉症児と大学生との相互作用の形成. 行動療法研究, 35, 67-81.
Nagaishi, T., & Nakajima, S. 2008 Further evidence for the summation of latent inhibition and overshadowing in rats’ conditioned taste aversion. Learning and Motivation, 39, 221-242.
Yagi, A., Nagae, S., & Uemura, M. 2008 Brain potentials at the eye fixations to abnormal and normal events in a medical device. Proceedings of Annual Meeting of Biomedical Fuzzy Systems Association, 21, 235-238.
道城裕貴・原説子・山本千秋・田中善大・江口博美・松見淳子 2008 疑似授業場面における就学前の発達障害児の受業準備行動に対する行動的介入. 行動療法研究, 34, 175-18.
三田村仰 2008 行動療法におけるアサーション・トレーニング研究の歴史と課題. 人文論究(関西学院大学), 58(3), 95-107.
今西明・雄山真弓 2008 生理心理学における新たな解析手法の提案 -生体信号のカオス解析-. 人文論究, 58(3), 23-42.
平田佐智子・浮田潤 2008 音韻象徴・音象徴と身体性―言語認知過程研究をベースとした実験的アプローチの提案―. 人文論究, 58(2), 49-63.
赤尾依子 2008 幼児の質問紙で測定した自己抑制的側面と実験課題で測定した運動調整との関連. 乳幼児教育学研究, 17, 83-92.
山本直樹・八木昭宏 2008 周辺視野における高次視覚. 人文論究, 58(2), 21-33.
伊藤直・松見淳子 2008 行動活性化モデルに基づく大学生の抑うつ傾向と快活動との関係の検討. 人文論究(関西学院大学), 58(2), 34-48.
一言英文・新谷優・松見淳子 2008 自己の利益と他者のコスト:心理的負債の日米間比較. 感情心理学研究, 16(1), 3-24.
荒尾真理 2008 色と教示が匂いの知覚に与える影響. 人間文化(神戸学院大学), 24, 117-123.
道城裕貴・野田航・山王丸誠 2008 学校場面における発達障害児に対する応用行動分析を用いた介入研究のレビュー:1990-2005. 行動分析学研究, 22, 4-16.
木戸盛年・嶋崎恒雄 2008 大学生における嗜癖的行動の抽出. 行動科学, 47, 27-32.
土肥伊都子・廣川空美・水澤慶緒里 2008 共同性-作動性尺度の構成概念妥当性の検討―A test of construct validity of Commmunion-Agency Scale(CAS)― . 神戸松蔭女子学院大学研究紀要, 49, 1-16.
藤田昌也 2008 通常学級における発達障害児の行動観察. 人文論究(関西学院大学), 57(4), 86-98.
Spates, R. C., Samaraweera, N., Plaisier, B., Souza, T., & Otsui, K. 2007 Psychological impact of trauma on the developing children and youth. Primary Care: Clinics in Office Practice, 34, 387-405.
Shishimi, G., & Nakajima, S. 2007 Contextual control of rats’ foraging behaviour in a radial maze. Behavioural Processes, 74, 97-103.
堀川雅美・八木昭宏 2007 スポーツ場面におけるプレッシャーによる心理生理的影響とパフォーマンスの関係. 人文論究(関西学院大学人文学会), 57, 47-60.
竹島克典・松見淳子 2007 子どもの抑うつ:対人・行動的アプローチによる研究の概観. 人文論究(関西学院大学人文学会), 57, 61-81
道城裕貴・松見淳子 2007 通常学級において「めあて&フィードバックカード」による目標設定とフィードバックが着席行動に及ぼす効果. 行動分析学研究, 20, 118-128.
道城裕貴 2007 特別支援教育における行動分析学の実践的検討. 行動分析学研究, 21, 24-29.
田中善大・嶋崎恒雄 2007 行動としての認知・言語-高次精神活動の行動分析的検討-. 人文論究(関西学院大学人文学会), 57(1), 32-51.
三田村仰・横田正夫 2007 アサーティブ傾向と対人不安における選択的注意の関連についての研究. 日本大学文理学部心理臨床センター紀要, 4, 43-50.
寺尾将彦・渡邊淳司・八木昭宏・西田眞也 2007 時間間隔知覚の短縮はサッカードなしでも起こる. Vision, 19, 111-114.
大対香奈子・松見淳子 2007 幼児の他者視点取得、感情表出の統制、対人問題解決と保育士による社会的スキルの評価の予測. 社会心理学研究, 22, 223-233.
木戸盛年・嶋崎恒雄 2007 修正日本語版South Oaks Gambling Screen(SOGS)の信頼性・妥当性の検討. 心理学研究, 77, 547-552.
水澤慶緒里・中澤清 2007 要求度-裁量度-支援度モデルにもとづく家事ストレス,育児ストレスの研究. 臨床教育心理学研究(関西学院大学), 33, 43-54.
大対香奈子・大竹恵子・松見淳子 2007 学校適応アセスメントのための三水準モデル構築の試み. 教育心理学研究, 55, 135-151.
Imura, T., Tomonaga, M., Yamaguchi, M. K., & Yagi, A. 2006 Perception of object’s motion trajectory from moving cast shadow in human and Japanese macaque (Macaca fuscata) infants, and an adult chimpanzee (Pan troglodytes). 基礎心理学研究, 25, 121-122.
Otake, K., Shimai, S., Tanaka-Matsumi, J., Otsui, K., & Frederickson, B. L. 2006 Happy people become happier through kindness: A counting kindness intervention. Journal of Happiness Studies, 7, 361-375.
Masaki, T., & Nakajima, S. 2006 Taste aversion in rats induced by forced swimming, voluntary running, forced running, and lithium chloride injectiontreatments. Physiology & Behavior, 88, 411-416.
Imura, T., Yamaguchi, M.K., Kanazawa, S., Shirai, N., Otsuka, Y., Tomonaga, M., & Yagi, A. 2006 Perception of motion trajectory of object from the moving cast shadow in infants. Vision Research, 46, 652-657.
三田村仰・横田正夫 2006 アサーティブ行動阻害の要因について:対人恐怖心性からの検討. パーソナリティ研究, 15, 55-57.
道城裕貴・松見淳子 2006 母親との協力による視覚的プロンプトを用いた発達障害児への引き算の指導. 特殊教育学研究, 44, 137-144.
玉越勢治・高橋励・寺尾将彦・澤井大樹・今西明・森本文人・八木昭宏・片寄晴弘 2006 fNIRSを用いた対戦型ゲームのエンタテインメント性の初期的検討: 対人間と対コンピュータにおける比較. IPSJ SIG Technical Reports, 24, 35-42.
道城裕貴・松見淳子 2006 大学・地域と連携した学校支援の応用行動分析的モデルの検討. 人文論究(関西学院大学人文学会), 56(2), 19-34.
玉越勢治・八木昭宏 2006 ミスマッチ陰性電位と聴覚情報処理. 人文論究(関西学院大学人文学会), 56(2), 1-17.
Nakama-Kitamura, M. 2005 The N-Methyl-D-aspartate receptor antagonist dizocilpine inhibits associative tolerance to morphine in mice: relation with memory. Journal of Pharmacological Science, 97, 75-82.
Masaki, T., & Nakajima, S. 2005 Further evidence for conditioned taste aversion induced by forced swimming. Physiology & Behavior, 84, 9-15.
Noritake A., Watanabe J., Ando H., Terao M., & Yagi A. 2005 Spatial independency in perceived lengths of saccade-induced image. Psychologia, 48, 146-153.
Noritake, A., Kazai, K., Terao, M., & Yagi, A. 2005 A continuously lit stimulus is perceived to be shorter than a flickering stimulus during a saccade. Spatial Vision, 18, 297-316.
Kazai, K., Abe, Y., Yagi, A., Nakano, T., Higuchi, K., & Yamamoto, S. 2005 Eye-fixation related potential to stimuli simulating the vision of an older adult. Psychologia, 48, 120-126.
Nakajima, S., & Nagaishi, T. 2005 Summation of latent inhibition and overshadowing in a generalized bait shyness paradigm of rats. Behavioural Processes, 69, 369-377.
Fujimoto, K., & Yagi, A. 2005 Motion illusion in video images of human movement. Lecture Notes in Computer Science 3711, 531-534.
Yagi, A., Fujimoto, K., Takahashi, T., Noritake, A., Iwai, M., & Suzuki, N. 2005 Development of a system to measure visual function of the brain for assessment of entertainment. Lecture Notes in Computer Science 3711, 99-105.
大対香奈子・野田航・横山晃子・松見淳子 2005 小学1年生に対する学習時の姿勢改善のための介入パッケージの効果:学級単位での行動的アプローチの応用. 行動分析学研究, 20, 28-39.
伊村知子・八木昭宏 2005 陰影からの3次元形状知覚における2つの制約. 人文論究(関西学院大学人文学会), 55(2), 61-74.
荘厳(赤尾)依子 2005 同画探索(MFF)テストを用いた幼児の衝動性-熟慮性の測定. 発達研究, 19, 139-150.
本岡寛子・林敬子 2005 神経性過食症へ認知行動療法を適用した1症例. 臨床精神医学, 34, 225-237.
一言英文・松見淳子・大竹恵子 2005 日本人大学生の人生満足感に関する探索的検討. 行動科学, 44, 13-20.
鈴木まや・八木昭宏 2005 ニオイの嗜好と忌避をもたらす心理学的機構. Aroma Research, 6(1), 24-31.
今西明・雄山真弓 2005 モニタ監視作業における判断・操作ミス測定のためのシステム開発とその応用. 情報科学技術レターズ, 4, 253-256.

 

PAGETOP