HOME > 研究室紹介 > おすすめ!心理学書籍 > 「心理学ベーシック」シリーズ サポートサイト > 第5巻「なるほど!心理学面接法」

第5巻「なるほど!心理学面接法」

←こちらから各種ネット書店にリンクしています.

米山直樹・佐藤寛 編著 2019年1月11日発売 北大路書房

《はしがき より》

本書「なるほど! 心理学面接法」は「心理学ベーシック」シリーズの最後を飾る入門書である。本書で扱っている面接法という研究手法は直接言語を通じて対象者とかかわる必要があるので,きわめて臨床的な技術が求められる手法である。調査面接法と臨床面接法の紹介や説明を一冊にまとめることによって面接法全体を見渡すことができ,それぞれの特徴を広く深く学べる機会を提供することを目指すようにした。


各章で紹介したWebサイト+引用文献

正誤表


序章 心理学と面接法(米山直樹)

第1部 アセスメントとしての面接法

第1章 アセスメントとしての面接法の総説(米山直樹)

第2章 構造化面接法(下津咲絵)

第3章 半構造化面接法(金井嘉宏)

第4章 非構造化面接法(細越寛樹)

第2部 面接データの解析

第5章 面接データの解析の総説(佐藤寛)

第6章 量的データ解析(石川信一)

第7章 質的データ解析(高橋史)

第8章 混合研究法(廣瀬眞理子)

第3部 臨床面接法

第9章 臨床面接法の総説(大月友)

第10章 臨床面接法の基礎技術(佐々木恵)

第11章 インテーク面接(田中恒彦)

第12章 日本実臨床における精神科診断面接(稲垣貴彦)

第13章 ケースフォーミュレーション(岡島義)

第14章 臨床面接の構造(首藤祐介)

第15章 グループを対象とした面接(本岡寛子)

第16章 子どもを対象とした面接(高橋稔)

第17章 自殺リスクの評価(伊藤大輔)

第18章 動機づけ面接(川端康雄)

PAGETOP